1978年のキャンディーズ解散、80年の山口百恵の引退で、心にポッカリと穴が開いた人が多かった。しかし、ファンの傷心は、すぐ癒やされていく。日本中が熱く燃えていた80年代、それは史上最強のアイドル時代でもあった。80年代ブームが再燃するなか、早見優さんに当時の話を聞いた。

*  *  *
 14歳の時に、住んでいたハワイでスカウトされたんです。ハワイのモデルエージェンシーをしている女性の社長に。

 そのとき、「実は私、日本に帰って歌を歌いたいんです」という話をしました。

 というのも、私は山口百恵さんが大好きだったからです。ものすごく憧れていました。ハワイでも映画が公開されたり、テレビの「赤い」シリーズが放送されていたんです。何かの歌番組が遅れて放送されて、「ロックンロールウィドウ」とか「乙女座宮」とかを歌う様子も見ていました。

 社長は「そういうプロダクションの社長と知り合いだから、紹介してあげるよ」と。それで日本でオーディションを受けて、デビューが決まったんです。

 スカウトされたのが9月の1週目。11月には日本に住んでいましたので、ほんとにあっという間でした。

 日本では叔母のところに世話になりました。母からは毎週手紙が来ましたし、私もホームシックになってハワイに帰りたいという手紙を書いたのをうっすらと覚えています。

 日本に戻ってきてすぐはアメリカンスクールに通ったんですけど、翌年4月に堀越高校に入りました。いっこ上に松本伊代ちゃんがいて、同じ年代に松本明子ちゃんと堀ちえみちゃんがいました。

 日本の学校に通うのは初めて。授業の運び方や厳しい校則に戸惑いました。あとは女子がお手洗いに1人で行かないで、必ず連れ立って行くのにビックリ。「え、1人で行くの? 一緒に行ってあげるよ」と言われて、「なんで来るの?」と聞いたら、「冷たいんだから」と。なんか面白いなあと思いました。文化の違いを発見できたんです。

 デビューは82年4月21日。憧れていた百恵さんは引退されていて、当時は田原俊彦さん、近藤真彦さん、事務所の先輩の松田聖子さんが大スターだったんです。でも私は日本のことをよく知らなかったので……誰なんだろうな? という感じで。その頃の私にとっての大スターは、郷ひろみさんとか西城秀樹さん。ハワイにいたために、時差があったんです(笑)。

 私が12歳くらいのとき、秀樹さんが番組の収録のためにハワイにいらっしゃいました。私の友達のお父様がその仕事に携わっていたこともあって、リハーサルを見に行くことができました。秀樹さんがお弁当を食べていたときに、「サイン下さい」とお願いしましたら、すごく快く引き受けてくださって。

 デビュー後、「レッツゴーヤング」で秀樹さんとご一緒させていただいたときにそのことをお話ししたら、「覚えているよ」と。今考えると、絶対覚えてないと思うんですけど、そう言っていただいて嬉しくて。優しくて素敵な方ですよね。今でも「覚えてる」と言って下さるんです(笑)。

 初めてチャートイン、ベスト10入りしたのは、「夏色のナンシー」。5枚目のシングルです。毎回、シングルを出すと地方に行って発表をして、レコードを買って下さった方と握手会・サイン会をするんです。たしか広島だったと思いますが、「夏色のナンシー」で行ったときにはものすごい数の方々と握手やサインをした覚えがあります。それと移動で乗ったタクシーで、ラジオから曲が流れてびっくり。雑誌の取材でも、それまでレギュラーで後ろのモノクロページに載せていただいていたのが、「優ちゃん、今月は巻頭のカラーなんだよ」って。曲がヒットするってこういうことなんだ、と初めて感じました。

 それからは急にものすごく忙しくなりました。毎朝、明るくなる前に家を出て、帰るのは夜の11時か12時。「ああ、きついな」と一回言ったら、社長さんが「ピンクレディーはもっときつかった。睡眠時間は1時間か2時間だったんだ」と。それを聞いて、あまり文句は言えないなと感じました。でも考えたら、全然別の事務所なのに、なんで知ってるんでしょうね(笑)。

 今では考えられないことですが、地方に行ったときに、ファンの方からホテルの部屋に電話がかかってきたこともあります。たぶんフロントに「早見優さん、お願いします」とかかってきたのを、普通に部屋に取り継いだんだと思います。「もしもし」と電話に出たら、「あ、本物ですか?」と。それでお話をしたことが何回かあります。「もう寝ますので」と言うと「あ、分かりました」「おやすみなさい」って感じで(笑)。

 その頃は英語ができるアイドルというのがいなかったので、英検のポスターに起用されたり、「100万人の英語」という教育ラジオの番組を担当させていただいたりして、優等生のイメージが付いたと思います。

 少し経って、19歳のときに、変装してディスコに行きました。踊るのが大好きですから。変装といっても、野球帽をかぶって、アラレちゃん眼鏡をかけたくらいですけど。それで渋谷のキャンディキャンディに。仲のいい友達大勢と行ったので、目立ってはいなかったと思います。グループで踊って汗をかいて、スパッとよし帰ろうと。健全なディスコでしたね。ジュリアナが流行りだした頃から、音楽の好みが合わないので、ディスコに行くのは止めました。

 私がデビューした頃に、写真週刊誌が創刊されました。自宅の前に、宅配ピザのバイクがズーーッと止まっていて、近づいてみたら荷物のところに穴が開いていて、中にビデオカメラのようなものが入っていたなんてこともありました。

 私は一浪して大学に入ったんですが、もうその頃はバリバリアイドルではなかったし、学校の友達と一緒に居酒屋さんとかに出かけるじゃないですか。事務所からは「男性と二人きりで写真を撮られないように気をつけて」と言われました。

 大学のときには今の主人とデートするなど普通にお付き合いをしていました。主人とは写真を撮られなかったんですが、別の男の子と一緒に映画を見た後でコーヒーを飲んでいるところを撮られたんです。夜遅かったから「深夜デート」とか書かれて。全然怪しい関係でもないから良かったんですけど、表に出ちゃったから彼に悪いなあと思って……。そんなこともありました。

 アイドル当時から仲の良かった石川秀美ちゃん、松本伊代ちゃんとは、今でも交流しています。秀美ちゃんは家に料理の先生を招いて、教室を開いてくれたこともありました。三十数年間、変わらずに友達付き合いができるって、嬉しいですよね。

 私はこれからもずっと歌い続けたいと思っています。伊代ちゃんとは、70歳になってもジョイントで歌いたいよねって話をしています。

早見優(はやみ・ゆう)
1966年に日本で生まれ、グアムとハワイで育つ。82年4月「急いで!初恋」でデビュー。翌年4月発売の「夏色のナンシー」でトップアイドルに。8月24日にミニアルバム「Delicacy of LOVE」を21年ぶりにリリース。11月6日、銀座ケントスでライブ

※週刊朝日 2016年9月30日号記事に加筆