昭和にはいつも“歌”があった。1970年代のシングル年間チャートとレコード大賞を参考に、昭和歌謡黄金期と呼ばれた時代を振り返る。

*  *  *
 オリコンで72、73年と2年続けて首位獲得の宮史郎とぴんからトリオの「女のみち」は、少し異質。

「ぴんからトリオはコミックバンド。ボーカルの宮さんはアクの強いだみ声で、惚れた男に尽くして捨てられる女心を歌った。自主制作のレコード300枚をキャバレーで配ったら水商売の女性が共感して、有線放送から爆発的なヒットになった」と、『昭和ヒット曲全147曲の真実』(KADOKAWA)などの著書がある橋本テツヤさんは話す。

 この曲のヒットにはドリフの「8時だヨ!全員集合」も影響した。コントでお巡りさんに扮した加藤茶が自転車を漕ぎながら「わたしが、捧げた〜その人に〜」と歌いながら登場し、子供たちが日本中でマネをした。73年には“演劇歌謡”といわれたちあきなおみの「喝采」や、ザ・タイガースのジュリーこと沢田研二の「危険なふたり」もヒット。

 70年代前半には、時代を象徴する歌手も登場する。それが藤圭子、そして吉田拓郎だ。

 音楽評論家の田家秀樹さんが言う。

「藤圭子の70年のシングル『圭子の夢は夜ひらく』は3位だが、年間のアルバムチャートは藤圭子一色。生い立ちを周囲がプロデュースして歌う彼女のアンチテーゼとして登場したのが吉田拓郎でした」

 72年の「結婚しようよ」は14位ながら社会現象になり、テレビに出ない姿勢も話題になった。

「『結婚〜』は男のプロポーズソングで、僕の髪が肩まで伸びたら結婚しようと歌う。そんな歌は世界中探してもない。アメリカでは長髪は反文明を意味したが、日本では男の子の長髪は可愛いという受け取られ方をした」(田家さん)

 拓郎の登場後、ファッションとして長髪やギターが世に広まり、フォークやロックがニューミュージックとしてメジャーになった。74年のレコード大賞にもそんな風潮が反映された。森進一の「襟裳岬」は岡本おさみが作詞、吉田拓郎が作曲で“演歌とフォークの壁が崩れた”といわれたのだ。75年の大賞曲、布施明の「シクラメンのかほり」は小椋佳が作詞・作曲。76年の「北の宿から」の作曲は学生時代にジャズバンドをしていた小林亜星が担当した。

「テレビに出ない畑の人々が伝統的な演歌ではない歌謡曲を書くようになった」(同)

 76年には史上最高売上枚数453.6万枚というお化けソングも登場。子ども番組「ひらけ!ポンキッキ」から生まれた「およげ!たいやきくん」だ。

「歌った子門真人さんはそんなに売れると思わなくて、印税にするか買い取り(5万円)にするかと事務所から聞かれ、買い取りにしたそう。報奨金として100万円だけ追加で出たと本人から聞きましたよ。彼とはよくカラオケに行ったんですが、何歌っても、ねばっこーい歌い方でたいやきくん風になっちゃう(笑)」(前出の橋本さん)

 太田裕美の「木綿のハンカチーフ」もこの年にヒットした名曲だ。太田のバックバンドでギターを弾いたのは、ビーイング代表、日本コロムビア社長などを歴任した中島正雄さん。当時を振り返る。

「ドラマのある歌詞にギター中心のポップなアレンジですが、テレビ局のフルバンドが初見で演奏するにはアレンジが難しすぎるため僕が各テレビ局を回って弾きました。太田さんは自らピアノを弾く音楽的な方で、『中島くんこうやって。できないの?』なんて(笑)、指示もミュージシャン同士の会話でした」

 76年のレコード大賞は「北の宿から」の都はるみ。当時、付き人をしていた前出の西潟副社長は、はるみの“男気”にいつも驚かされたという。

「衣装を決めるときはパッと1秒。楽屋で鏡の持ち方が悪いと『角度!』と激。一度私が現場で失敗して叱られて翌日落ち込んで行ったら『なんかあったっけ?』と“男気”がある。バックバンドもよく叱られていました。『バンマスなにさっきの音! ずれたじゃないよー』。その迫力たるやすごい。でもプロ意識の高さに皆の士気も高まったものです」

 70年代後半には、ピンク・レディーが登場する。作曲家の都倉俊一が名付け親となったアイドルは振り付けとともに日本中を席巻、デビュ4曲目の「渚のシンドバッド」が77年の1位となり、78年は3曲が上位を独占。「UFO」がレコード大賞を受賞した。サザンオールスターズは同年、ピンク・レディーとジュリーの曲をもじり「勝手にシンドバッド」でデビュー。

 78年の5位、「微笑がえし」はキャンディーズのラストシングルにして最大のヒット曲。作詞をした阿木燿子は夫・宇崎竜童(ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)とのコンビで山口百恵に楽曲提供し「横須賀ストーリー」等のヒットも生んだ。

 73年にデビューした山口百恵は同い年の桜田淳子、森昌子と花の中3トリオとして活躍。三浦友和との結婚を機に引退した80年に出版した自叙伝『蒼い時』は344万部を売り上げた。

 79年のレコード大賞受賞曲、「魅せられて」の作詞も阿木が手がけた。ジュディ・オングが歌ったこの曲は老若男女を魅して200万枚のヒットとなる。

「純白のドレスを孔雀の羽のように広げる衣装が強烈な印象で、全国の小学生がカーテンを外して体に巻きつけ、『好きな男の腕の中でも違う男の夢を見る〜』と口ずさみ、世の男性陣は女ってそういうことを考えるのか、と歌詞を聴いて心配したものです。衣装はその後、小林幸子さんなどにも影響を与えたといわれています」(橋本さん)

(編集部・藤村かおり、太田サトル)

※週刊朝日 2016年9月30日号より抜粋