歌舞伎俳優の市川海老蔵の妻で、乳がんで闘病中の小林麻央(34)が10月1日にブログを更新し、術後の状態について明かした。

 この日の午前中にしていた「ご報告」という題の投稿で、すでに手術をしていたことを告白していた麻央。根治治療ではなく、苦痛などを和らげる「局所コントロール、QOLのための手術です」としており、「手術をしたからといって、肺や骨に癌は残っており、痛みもあるので、これからが闘いです」とつづっていた。

 これに続いて同日夜に更新されたブログでは「術後、驚いたこと」という題で、術後の状況について次のように明かしている。

<術後、息も浅く、顔に力も入らずぽかーと口を開けて、ただただ、微動だにせず横たわっている私。有難いことに、家族が入れ替わりで付き添ってくれました。>

 そこで、姉でフリーアナウンサーの小林麻耶(37)が付き添う番が来たときのことを、こう述懐した。

<姉は、私に気を遣って、そっとそっと動きながら、私の枕元にやってきました。そして、お辞儀をしながらブリブリささやいたのです。『えっと、本日担当の小林麻耶でぇーす。よろしくお願いしまぁす。』 私は声も出せないのに、吹き出しそうになりましたが、笑ってしまうとお腹が痛すぎるので、必死で、なかったことにしようと無視を心がけました。>

 麻耶の思わぬ行動にかなり動揺した様子の麻央。後で本人にこの時のことをたずねると、こう返されたという。

<後で、何故あんなことをしたのかと姉に聞いたら「看護師さんに憧れて、やってみたかったの。」とのことでした笑 本当に困ります。>

 しかし最後には「全体的には助かりましたが。。。」とつづり、車いすの麻央とそれに寄り添う麻耶がふたりでピースサインをする写真を掲載。姉妹の仲の良さをうかがわせた。

 ブログには「何とも微笑ましいステキな姉妹ですね」「最高の姉妹愛、憧れます!」と、ふたりの仲を絶賛するコメントが寄せられた。姉の存在が闘病中の麻央の支えになっていることを感じさせる投稿だった。