長く続いたバンドが解散し、何年後かに再結成するのはよくある話。でも17年続いたバンドから、中心メンバーが脱退し、新たなメンバーを加え再始動することは珍しい。兄弟二人でスタートしたキリンジが、6人編成になって4度目の秋が来た。

「新しいアルバムのタイトルである『ネオ』には、“かつてよりあったものが刷新される”という意味があります。一つ前のアルバムは、全部僕が曲を書いていたんですが、今回は、コトリンゴさんと千ケ崎学くんが書いた曲が収録されているし、女性メンバーが歌う曲もある。6人のKIRINJIとしてのファーストアルバムのつもりで作りました」

 と語るのは、リーダーの堀込高樹さんだ。バンドを新しく編成する際、男女混合のグループがいいと思い、それまで面識のなかったコトリンゴさんと、一度だけ仕事をしたことがあった弓木英梨乃さんに声をかけた。男性陣は、兄弟ユニット時代からのサポートメンバーだったので、もともと気心は知れていた。

「今回は、堀込さんから、メンバー全員に『曲を作って提出する』という課題が出たんですが、『私の曲ではこのバンドには子供っぽいんじゃ……』と思って、最初は出し渋っていました。でも、一番若い弓木さんが力作を2曲提出したので、『最後に残りたくない!』と(苦笑)」

 まさに小鳥の鳴き声のような澄んだ声で、コトリンゴさんが言う。ドラムスの楠均さんの曲も、最後まで候補として残ったが、「斬新すぎる」という理由で今回は見送りに。

 楠さん曰く、「サポートメンバーのときと違って、今は、自分も大事な役割を受け持っているんだという気持ちが強いですね。もっと自分の場にしていいんだ、って気持ちが日に日に強くなる」のだとか。

 収録曲には、ライブで演奏してからレコーディングしたものもあった。

「一度、曲が体に入った状態でレコーディングできるのはバンドならでは。バンドも3年以上続けると、それなりに密接な感じが出てくるし、ようやく、塊としてのKIRINJIができあがってきているのかな、と。自分一人でやってると、思い描いた通りにはなるけれど、先の広がりはない。今は、自分で書いた曲でも最後は思い描いたのとは違うものができあがる。人生も同じで、向こうからやってきたものを受け入れてみたら面白かったってことが、結構あったんです。若いときは、自分の思い通りにしたい気持ちが強かったのに、年を重ねた今は、来るものは拒まず(笑)。でも、刺激的ですよ。人一人が持つ可能性って大きいから。こういう大人が集まったバンド、みんなもっとやればいいのに」(堀込さん)

 現在、全国ツアーの真っ最中。ソロとしても活動する6人が集まり、チームワークを発揮しながら、極上の演奏と歌で魅了する。それこそ、大人の贅沢空間である。

※週刊朝日 2016年10月14日号