お笑いコンビ・ますだおかだの岡田圭右(47)の長女でタレントの岡田結実(16)が10月13日、東京・日枝神社で行われた「日枝神社広報大使」任命式に出席した。巫女姿になった岡田は七五三や節分の思い出を披露。「七五三のとき、家族で千歳飴を食べたら、固くて全員の歯が欠けました」「節分では、鬼の役のパパに豆を本気で投げたら、『痛い』って怒ってしまって。それから、やってくれなくなりました」と家族のエピソードトークで報道陣を和ませた。

 10月2日からはトークバラエティー『誰だって波瀾爆笑』(日本テレビ系)のレギュラーMCも務め、テレビで見かけない日がないほど引っ張りだこな岡田。一方、二世タレントは「実力よりも話題先行」というマイナスイメージが強く、テレビ出演が増えるに従い「親の七光」とネット上で叩かれてしまう。が、岡田の場合は「この子は好き」「嫌いじゃない」と視聴者から評判が良いというのだ。

「あからさまに親の力に頼っているのが分かってしまうと視聴者も嫌悪感を抱きますが、岡田の場合、頼っているのはスベリ芸とも言われている父のギャグですからね。小顔で美人なのにイベントやテレビで『ワオ!』や『閉店ガラガラ』、『ギュウ!』とか父以上のテンションで披露している。何より声が大きくて、頑張っている感じが画面から伝わってくるのでしょうね。父からも『スベってもいいから声を張っておけば、とりあえず笑いにつながる』と教えられているそうです」(週刊誌の芸能担当記者)

 といっても、父から直接ギャグを教えてもらったことはなく、セリフとセリフの「間」などギャクの細かいアドバイスは母から受けているそうだ。さらに、「親子共演がないのも視聴者から叩かれない要因なのでは」とスポーツ紙デスクが話す。

「父娘の共演はどこも狙っているのですが、お父さんのほうがOKしないそうなんです。しかも、娘が出演している番組は全く見ないとか。高校卒業後は大学に進学してほしいと言っており、娘には『大学に行かないと仕事はさせない』と宣言しているそうです。芸能界は不安定な職業なので、将来のためにしっかりした大学を出てほしいという親心なのでしょう。以前の高畑淳子・裕太親子みたいに、セットでいろいろなテレビに出演している二世タレントとは違い、親からの“ゴリ押し”がないのも、世間から好感を持たれている理由だと思います」

 芸能界では共演NGである父と娘だが、プライベートでの親子関係はどうなのだろうか?

「小さい頃は父のことでバカにされたこともあり、顔も合わせたくないほど嫌いだったそうです。でも、自身が成長するにつれ考え方も変わり、今では好きなタイプの顔は『お父さん』と話すほどパパ好き。好き過ぎて父の腕を噛んだり、父の洋服を着て遊びに行ったこともあるとか。父親のギャグに便乗してブレークしたと思う人もいるかもしれませんが、『両親から愛されて育ってきた』ということが伝わってくるような、明るく素直で一生懸命な性格なので嫌悪感は湧いてこない。アンチが少ないのはそんな理由があると思います」(前出の週刊誌記者)

 来年2月公開の映画『傷だらけの悪魔』(山岸聖太監督)での女優デビューも決まっており、活動の幅を着実に広げている岡田結実。二世タレントブームが続く中、今後の露出はますます増えそうだ。(ライター・丸山ひろし)