1月5日に放送された『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)に女優の北川景子(30)が出演し、プライベートにおける生活ぶりが明らかとなった。「北川景子の失敗しない人生の裏技」と題したコーナーでは、北川の数々の生活の工夫を紹介。ファッションに対する工夫では、「洋服は10着ぐらいしか持たない」と発言。部屋を整頓しておきたいため、衝動買いはほとんどせず、買い物中に新しい服が欲しくなった時は「2着買いたかったら、2着処分できるのがあるか考えてから買う」という。しかも、洋服は捨てずに業者に買い取ってもらい、食器などに関しても必要な物以外は買わないという。



 「女性がなりたい顔」などのランキングで毎回上位に入り、ドラマや映画に引っ張りだこの北川。女優という仕事柄、洋服をたくさん持っていそうなイメージもある。そんななか、手持ちの洋服を10着に抑えているとはかなり驚きだが、「北川だけでなく、ファッションに対して節約し、堅実にお金を使っている女優は多いですよ」と語るのはあるファッション誌の編集者だ。

「昨年、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で再ブレークした新垣結衣(28)もそうです。バラエティー番組で私服を披露したことがあったんですが、一番好きな服は『パーカー』って言ってました。意外と庶民的なファッションスタイルですよね。本人曰く、重ね着をしないと心細くなってしまう性格みたいで、小さいパーカーの上に大きいパーカーを着ることもあるとか……。ファッションモデルとしても活躍する菜々緒(28)も同じく、セール品で1500円のワンピースを着こなし、自身のインスタグラムに公開して話題になったこともある。フォロワーから『そんな格安で買うの? 私たちと同じ感覚でうれしい!』との声も上がったほどです」

 確かに、女優なのにお高くとまることなく、一般人と同じ感覚でセール品を買うところは好感が持てる。さらに意外なところでは、10代女子のファッションリーダーとして人気が高い広瀬すず(18)も、洋服代にあまりお金をかけていないという。

「ツイッターやブログで私服をアップしているのですが、コーディネートに取り入れているブランドは『MOUSSY』『EMODA』『WEGO』などが多い。一般的な女子高生から見たら安いとはいえないかもしれませんが、『MOUSSY』や『EMODA』はトップスやボトムを数千円から購入することができ、『WEGO』に至っては元古着屋だったブランドで、1000〜2000円台の商品も多い。そんな、お手軽価格なアイテムを愛用しているんです」(前出のファッション誌編集者)

 くわえて、過去に一世を風靡し、今やセレブ妻となった“あの女優”も庶民的な一面があるという。

「2005年、ドラマ『電車男』に出演して大ブレークした伊東美咲(39)です。09年に推定年商2000億円とも言われる大手パチンコ機器メーカーの社長と結婚し、一昨年には第2子を出産しましたが、安売りで有名なベビーショップで買い物をしている姿を報じられました。ベビーカーを押しながら慣れた手つきで商品をカゴに入れていたとか。それぞれ、単に安い物を買うということではなく、オシャレを楽しみながら洋服代を節約しているとは思います」(スポーツ紙の芸能担当記者)

 華やかな世界に身を置く人気女優たちだが、私生活では節約に努める普通の女性と変わらないようだ。そこがまた、女性からの支持につながるのかもしれない。(ライター・丸山ひろし)