100歳を超えても、元気に食べ、話し、歌い、海外旅行もする。そんなはつらつとしたお年寄りが増えています。今や4人に1人が65歳以上の時代。平均寿命とともに、元気に暮らせる健康寿命を延ばすことが大事です。気力あふれる“スーパー高齢者”に、学んでみてはいかがでしょうか。

 北海道芦別市の沖フミさんは101歳で、大正4年生まれ。第1次大戦が始まった翌年、大隈重信内閣の時代で、芥川龍之介が「羅生門」を発表した年になる。

 そんな時代に“おぎゃあ”と生まれた沖さんは、今も元気はつらつ。晴れた日は自らはさみを握って庭木を剪定する。さらに、米国ロサンゼルスで働く息子に会うため、年1回は単身で今も米国へ旅行している。

「10年ほど前に行ったときは孫たちに連れていってもらったけれど、今は一人で行っていますよ。飛行機をソウルで乗り換えて、13時間ほどかしら」。沖さんは、事もなげに話す。

 言葉はどうするんですか?と聞くと、

「難しい言葉はわからないけど、サンキュー、ハローぐらいは言えるでしょ。アメリカに友達がたくさんでき、100歳になっても日本から来てくれるって、楽しみにしてくれているの」

 電話での会話も不自由せず、声の張りと口調はとても101歳と思えない。元気の秘訣は何ですか?と尋ねると、

「とにかく、働くことが好き。暇があれば庭に出て、はさみを入れているの。近くにおいでだったら、本当は庭も見てもらいながら、お話ししたかったわ」と温かい言葉をかけてくれた。

 沖さんは早くに夫を亡くし、呉服店を営みながら男4人女2人の6人の子を育ててきたという。社交的な性格で、外出すれば今も若い人と積極的に話し、楽しいおしゃべりが弾む。

「100歳になるまで、年を考えたことなかったの。この間、脳外科へ検診に行ったんですよ。『どこも悪くないです』とお医者さんにほめられて。知能はよくないけど、脳はきれいみたいなの」

 そう冗談を言って記者を笑わせてくれた。電話で話しただけで、こちらが元気をもらえた気がした。

 100歳の今も、漫画家・写真家・画家として活動するのは、奈良県生駒市の藤田重則さん。

 戦後、「東山駒平」のペンネームで漫画を描いていた。花菱アチャコ出演のNHKラジオドラマ「アチャコ青春手帖」「お父さんはお人好し」などを題材に描き、当時話題を集めた。

 100歳になった直後の昨年12月、個展を開いて油絵などを展示した。今も朝から夕方までアトリエに入り、絵筆を握って創作に励む。歯が丈夫で、食べることが好き。肉もへっちゃらで、ケンタッキーフライドチキンが好物という。

「趣味を持っていることが長生きの秘訣みたい。アトリエにいるときが一番元気」と家族は創作を見守る。

 岡山県勝央町の妹尾育三郎さんは、9月11日に101歳の誕生日を迎えた。家族から「IKUSABURO 101」と書かれたシャツを贈られ、さっそく笑顔で着こなした。

 中学校教諭を長く務め、退職後に川柳や俳句を始めた。地元紙へ投稿し続け、入選歴もある。80歳のころから、手作りエッセーを出し始めた。

 タイトルは「潤滑油」。ぼけないように頭へ油を差し続けようとの思いからだ。

 長く続くと当初思わず、2作目は「続」、3作目は「続々」と名付けた。6作目のころから数字を振り始め、今や22号に。老人ホームで暮らす今は紙に原稿を書きため、家族にパソコンで清書してもらう。

「何にでも興味を持ち、新聞もよく読んでいます。頭を柔らかくして、エッセー集に書くことを探しているみたいです。先日も『ねんりんピック』について知りたいと言われました」。長女の石川智子さんは話す。

 100歳になった「上寿」記念の20号には、こう詠んだ。

「百歳がボケ防止にと練る句想」 育三郎

 今は23号の準備中だ。

 徳島県三好市の西浦ヒサヱさんは101歳なのに、自分の歯が26本もある。

 煎り大豆など硬い食べ物が好きで、ご飯も軟らかめよりは硬めが好み。せんべいもバリバリと食べる。

「おばあちゃんにとって、せんべいは軟らかい食べ物です。まるでケーキみたいな感じで食べていますよ」と家族は笑う。

 めがねなしで新聞を読み、補聴器を使わずに会話し、杖を使わずに歩ける。毎週2回、デイサービスに通っては、おしゃべりしたり、カラオケをしたり。

 元気の秘訣を尋ねると、

「秘訣なんて、何もないですよ。今はデイサービスに行ってみんなと話したり、歌ったりするのが楽しみ。最近のはやり歌は知らないけど、よさこい節などを歌っていますよ」

 長男夫婦、孫夫婦、女子中学生のひ孫に囲まれ、4世代の計6人で楽しく暮らす日々を送っている。

※週刊朝日 2016年10月7日号より抜粋