慶應大学にビッグイベント「学園祭」の季節がきた。現役生の祭りではない。卒業生が主体の「慶應連合三田会大会」だ。三田会といえば団体数、結束力、集金力がずば抜けていることで有名だ。

「久しぶり!」「元気だった?」。歩くのもやっとなほど混雑する会場のあちこちで再会を喜ぶ声が上がる。9月2日、東京・新宿のレストランを貸し切り開催された「1992年三田会」の同窓会だ。92年に慶應義塾大を卒業した約300人が集結、旧交を温めていた。

「三田会」とは慶應の卒業生たちの会の総称。在学生を「塾生」、卒業生を「塾員」と呼び、塾員が三田会への入会資格を持つ。塾HPによると、国内800以上、海外70もの三田会が、各三田会を包括する「慶應連合三田会」(以下、連合三田会)に登録している(2016年4月現在)。

 早稲田大にも卒業生が集う「稲門会」があって、同窓会組織「早稲田大学校友会」には1333団体が登録(同6月1日現在)。だが、毎年の学部卒業生数は早稲田は慶應の約1.4倍で、積み重なれば母数が違う。さらに「3人寄れば三田会」と言われ、連合三田会に登録していない三田会は数百にも上るという。

 慶應には実は「大学同窓会」は存在しない。東大を始め六大学の他大学にはいずれも「校友会」があって、会費を募って運営に充てている。連合三田会は、各三田会が横断的につながることを目的に1930年に発足したもの。塾員から会費を徴収することはなく、後に触れる「慶應連合三田会大会」の収益で運営する。

 実は筆者も塾員の端くれ。よく別の大学出身者からこう聞かれる。

「慶應って卒業してもやたら仲がいいよね」「なんでそんなに『つるむ』の?」

 国内はもとより海外にも張り巡らされた三田会ネットワークと、そこで親睦を深める塾員の姿が、世間には「つるむ」と映るのか。

 帝国データバンクの調査では、昨年度の1部上場企業の社長の出身大学ランキングで慶應はトップ。セイコーHDや大正製薬など社長が代々塾出身のオーナー企業も少なくなく、企業の合併や事業提携にも三田会人脈が働いたのでは、といった臆測が飛び交ってきた。ネット上で「三田会はフリーメイソンのような秘密結社」などと書かれることも。確かに塾員限定の三田会は外からは実態が見えにくい。

 三田会の中でも規模が大きいのが社内三田会だ。多くは年に1、2回の親睦会があり、同じ会社の塾出身役員から新入社員までが一堂に会す。人数が多いゆえに「社内の付き合いがあるので顔は出す」「正直少しめんどくさい。でも出張サービスの銀座久兵衛のすしが食べられるのが楽しみ」(いずれも大手商社勤務、40代)と、付き合い程度に参加する塾員も少なくない。

 しかし、一気に三田会活動に熱心になるきっかけがある。海外赴任だ。世界の主な都市には現地三田会がある。

「現地法人を相手にしているので、日本人の仲間ができるのはホッとする」。そう話すマレーシア赴任中のメガバンク行員(40代)は、海外に出て初めて三田会の強い連帯感を知ったという。早慶ゴルフコンペなど早稲田OBとの交流も盛んで「勝って応援歌『若き血』を歌うとすごく気持ちいい」と笑う。

 仕事面でメリットがあることも。ドバイ駐在経験のある元電機メーカー社員(40代)は、「中東ではコネクションやインサイダー情報で商売の成否が決まる。信頼できる情報や人脈を紹介してもらい助かった」と振り返る。帰国後は帰国者が集う三田会に参加し、親睦関係は続いていく。

 情報や人脈がモノを言うのは、若い企業ならなおさらだ。経営者同士のネットワーキングを目的に集まる「ベンチャー三田会」。「Travel.jp」など旅行サイトを運営するベンチャーリパブリックCEOの柴田啓さん(50)や、ショッピングサイト「バイマ」を運営するエニグモCEOの須田将啓さん(42)らが09年に立ち上げた。

 現在会員は約200人。年に数回、著名人を招いた親睦会を開催。これまでに新浪剛史・サントリー社長や星野佳路・星野リゾート社長ら塾出身の経営者が講演した。9月の会は、スープストックトーキョーを展開するスマイルズ社長の遠山正道さんが、30代中心の若き経営者たちを前に自らの足跡、仕事観を語った。

 講演後はグラス片手に名刺交換大会。ITからスイーツまで業種はさまざま。ビジネスが生まれることも少なくない。法人向けにポイントサービスのコンサルティングを行うエムズコミュニケイト社長の岡田祐子さん(47)は、この会で顔見知りの社長と再会。翌週には事業提携し、電力自由化市場に参入する企業向けの新サービスをスタートした。

 塾員が集うのは三田会だけではない。帝国ホテルの地下に「東京三田倶楽部」、銀座にはクラブハウス「Blue Red & Blue(BRB)」と、塾員の交流が目的の会員制サロンがある。

※週刊朝日  2016年10月7日号より抜粋