部屋着なんてリラックスできればOKでしょ。なんて思っていたら大間違い。最近は高度なセンスが必要です。家から1マイルは外出できる「ワンマイルウェア」。これがあれば、あなたもおしゃれ上級者です。

 ピンポーン!

 宅配便はいつも不意にやってくる。パート勤務の40代の女性は、仕事のない日は家でグダグダ。ノーメイクで、髪は起き抜け状態。服はパジャマのままでいる。半分夢見心地でいるところをいつも現実に引き戻すのは宅配便だ。

 どうしようか。一瞬考える。あまりにもひどい状態のときは居留守を使うこともある。マンション1階に宅配ボックスがあるからだ。でもわざわざ下に取りにいくのも、それはそれでおっくうだ。ご近所さんの目もある。

 宅配便がエントランスを通ったら、部屋の前に到着するまでには数分ある。手近にユルめのワンピースがあれば、パジャマを急いで脱いで頭からかぶってしまう。シャツ系のパジャマのときはズボンだけスカートに穿きかえることも。扉を半開きで手と顔だけ出して、そそくさと品物を受け取る。

「家着をどうにかしなくちゃと思うんですけどね。さすがにパジャマはやめないと……」

●大屋政子ちゃん状態

 いまや家にいながらにして、スマホやパソコンのワンクリックで買い物ができる便利な時代になった。しかしその分、宅配便との接触機会は増え、新たな「家着問題」が生まれている。

 家の中では趣味の世界に浸っていたい──。都内で暮らす主婦(49)が高校時代、夢中になって読んだのは雑誌オリーブ。ヘビロテしていた部屋着に、スピック&スパンで購入した紺のギンガムチェックのワンピースがあった。ひざ上丈で、袖がパフスリーブ。イギリスのプライマリースクールの女の子の制服に似ている。長い髪を三つ編みおさげにしようものなら完璧だ。しかし、夫にはこう釘を刺されていた。

「家で好きで着ている分には構わないけれど、外には出ないほうがいいよ。大屋政子ちゃん状態だから」

 その服を着て外出することはなかったが、ある日、玄関の呼び鈴に応じてドアを開けた。扉の向こうに立っていたのは宅配便のスタッフ。その場の空気が凍った。

「玄関は社会の入り口だって、そのとき思いました。家の中にいても社会は向こうからやってくる」

 以後、女性は家の中では無難なカットソーなどで過ごすようになった。でも三つ編みおさげだけは変えない。

「宅配便が来たらすぐ後ろでひとつにまとめます。彼らには前姿しかわからないから(笑)」

 自宅は“自分だけの楽園”と、無防備すぎる部屋着やくたびれた毛玉ファッションに身を包んで過ごす人も少なくないだろう。だが、部屋着のような普段着こそが重要で、1マイル(約1.6キロ、徒歩20分圏)のご近所にも着ていける「ワンマイルウェア」「ワンマイルコーデ」も注目されるようになった。「ノームコア」「ミニマリスト」などに象徴される、ここ数年のファッションのキーワードは「シンプル」。シンプルでさりげないカッコよさを備えたワンマイルウェア。うーん、難易度高し!

●ウチ着をSNS発信

 こうした流れのなか、本来男性の肌着で中高年の男性しか着なかった「ステテコ」が、おしゃれワンマイルウェアとして外でも着られるようになった。

「昨年頃から、“パジャマっぽいデザインモチーフ”がファッショントレンドになっている」

 と言うのは、パルコのウェブマガジン「ACROSS」編集長の高野公三子さん。家の中にあったものが外に押し出される、こうしたトレンドの背景にあるものは何か。高野さんは説明する。

「ワンマイルウェアは、もともと90年代頭に大手下着メーカーが欧米のようなルームウェアの新市場をつくろうと提案したのがきっかけでした。しかしこのときはあまり浸透しませんでした。ところが2000年代に入ってブログやその後のSNSの普及により、一般の人が自身のライフスタイルを発信するようになった。かわいい“ウチ着”が人気となって多様化し、内と外のグラデーションがなくなっていきました」

 フリーライターの奥麻里奈さん(34)がワンマイルウェアを意識するようになったのは、シェアハウスで。入居したのは、美容専門誌の編集部に勤めていた29歳のとき。この頃、仕事ではデザイン性のある少しとがった服を、家ではモコモコのジェラートピケのルームウェアでリラックスモードに、と切り替えていた。しかしそれをシェアハウスの共有スペースで着ていると、

「パジャマみたい」

 と言われることも。そのたび、

「これはルームウェア」

 と言い返していた。

●適度な抜け感を計算

 服への意識が変わったのは、入居1年後、会社を辞めフリーランスになってから。共有スペースで過ごす時間が長くなるにつれ、それまでの部屋着に違和感を覚えるようになった。

「共有スペースは家の中でありながら、“ちょっと外”という微妙なさじ加減の場所。ルームウェアはちょっと違うと感じるようになりました」

 ラクさに加えシェアメイトに対してそこそこの「きちんと感」も必要と思い、マキシ丈のストンとしたワンピースにパーカーをはおったり、スウェットのロングスカートにTシャツを組み合わせたりといった格好が定着していった。

 全身キメキメでなく、適度な抜け感がいまどきオシャレのポイント。しかし一見さりげなくナチュラルに見せて、その実、緻密な計算が必要だ。ゴミ捨て、犬の散歩、庭の草取り……ご近所さんと鉢合わせしても洗練された印象を醸し出せるワンマイルウェアこそが重要で、「こうしたところで手を抜かないのがおしゃれ上級者の必須条件」と女性誌などはうたう。

 首都圏に住む女性(39)が仕事を辞め、専業主婦になったのは3年前。小学校受験を視野に入れ、娘(7)を幼稚園に入園させたタイミングでだった。まず壁に当たったのは、幼稚園の送り迎えのときのワンマイルウェアだ。

 幼稚園ママたちの定番服は“ボーダーT+ジーンズ”。入園して間もないころ、かつての仕事着だったセオリーのテーラードジャケットを着たままお迎えに行ったら、だれも話しかけてくれなかった。

「後日、『あんな格好をしていると近づきにくいわ』と言われてしまいました」

●空気読みチューニング

 朝からフルメイクで高級ブランド服を身にまとったセレブ風ママもいたが、主流はナチュラルでプチプラ服のママ。

「ヴァンクリのイヤークリップをしていたお母さんがいたのですが、陰で“ヴァンクリの人”と呼ばれていました……」

 普段着コーデは空気を読んだチューニングが大事。女性の腕時計はカルティエだったが、幼稚園用にGショックを購入。送迎は、好きなブランドの服とファストファッションのミックスで落ち着いた。

「幼稚園で『その服、ステキ〜』ってブランドファッションをほめられても、『シャツはユニクロよ〜』って抜け道をつくるんです」

 これこそが処世術。家とご近所くらいくつろぎたいものだが、高度なファッションセンスと空気を読む力が必要な“ワンマイルウェア”が幅をきかせる限り、気は抜けなさそうだ。(編集部・石田かおる)

※AERA 2016年10月10日号