名門私大として、事あるごとに比較される早稲田と慶應。お互い母校のどこに誇りを持ち、相手校をどう捉えているのか。彼らの本音を探ってみた。

 由緒ある文化施設、イギリスはロンドンのバービカンセンターのレストランに集まった同窓生は、200人近かった。

 2011年秋、英国三田会の総会に参加した1999年法学部卒のAさん(40)は、その衝撃をこう振り返る。

「これほど人が集まるとは思っていませんでした」

 当時、自身は仕事を1年間休み、エディンバラに留学中で、慶應出身の友人に誘われての参加。志木高から大学まで慶應で過ごし、同窓生と親しくしてきたが、三田会の結束力を目の当たりにしたのは初めてだった。

 会話が弾むよう卒業年次順にテーブルはまとめられ、代表のあいさつや乾杯にはじまり、フルコース料理を堪能した。終盤には、東京─ロンドン間の往復航空券など豪華景品が当たるくじ引きも行われた。

「会の締めには、全員で肩を組んで『若き血』を歌いました。三田会のネットワークの強さを感じた瞬間でした」

 慶應といえば、三田会。慶應の魅力に、卒業後の人脈を語る人は少なくない。

 85年法学部卒で高校の教師をしているBさん(56)も、

「大学を離れてからも、困ったとき助けてくれたのは、塾員、塾生諸君でした」と振り返る。

 大学院生時代は割のいい家庭教師や翻訳などのアルバイトをあっせんされ、社会に出てからは慶應出身の政経教師の勉強会に参加し刺激を受け、そのつながりは今も続くという。

 早稲田にも稲門会という同窓生組織がある。

「稲門会は、三田会に負けていませんよ!」と息巻くのは、損害保険会社に勤める早大90年法学部卒のCさん(50)だ。

 Cさんは在学中も卒業後も、母校に思い入れを感じたことはなかった。佐賀に単身赴任した40代になって、考えが変わった。稲門会に行ったのがきっかけだ。

「『ひとりで寂しいでしょう』と、家族のある同窓の部下に勧められて、食事会に参加するようになりました。佐賀といえば、創設者・大隈重信公の出身地。毎月命日に集まったり、稲門会員の文化人を招いたりと、非常に充実していました」

 鳥栖市長夫妻から市政についての話を聞き、同窓生らと大隈公の墓に詣でた。もちろん、こちらも締めは歌だ。

「最後は校歌か『紺碧の空』を、肩を組んで歌う」

 6年後、東京に戻ってから、意識的に同窓生とつながりを持つようになった。近年、年次稲門会も発足し、老後の生活を充実させるべく、イベントの企画も始めている。

 ほかにも、「北京駐在時、稲門会に参加した。上下関係も大雑把で気楽に人脈をつくれた」(94年卒・法・男性)など、稲門会をたたえる声が多かった。

 AERAネットは、9月下旬、早稲田と慶應の卒業生を中心にアンケートを実施した。寄せられた回答は、早稲田166、慶應95。それぞれが、母校の魅力や相手校の印象を回答した。

 何かと比較される両校だが、両者が母校に抱く誇りと、互いに抱く感情を読み解いていこう。

●バンカラ早稲田は健在

 早大81年商学部卒のDさん(58)は、「早稲田は地方出身者が多く、教室でも方言が飛び交っていた」と当時を振り返る。

 五木寛之氏の『青春の門』が大ヒット。自身も、主人公の伊吹信介が筑豊から上京し、早稲田に通う「自立篇」に共感し、貧乏生活にも憧れた。

「友人の狭い下宿に泊まったり、大学周辺の酒屋で立ち飲みしたり、雀荘で徹夜で麻雀したり。夜通し歩く本庄〜早稲田100キロハイクでは、お互い悩みを話しながら歩きました」

 いわゆるバンカラな校風は、脈々と受け継がれているようだ。

「先輩の下宿がぼろアパート」(早大90年卒・商・男性)

「飲み屋が小汚い居酒屋」(早大01年卒・二文・女性)

「馬場の飲み屋は死ぬほど安い」(早大現役・社学・男性)

 校風は、寛容・寛大とする声が多く寄せられた。

「サークルの後輩に慶應の学生がいる。逆はないだろう」(早大89年卒・法・男性)

「留年したり卒業後無職になったりする人も多いが、なんだかんだ復活して社会で活躍している人が多い」(早大01年卒・一文・男性)という自由さも、魅力のひとつのようだ。

●虐待されるワセジョ

 早大の女子学生は、「ワセジョ」といわれる。女子たちは、本人たちですらやや自虐的に自らをカテゴライズする。

 01年二文卒の女性が「ワセジョお断りのサークルがあった」といえば、14年政経卒の女性は「ワセジョお断りのインカレサークルが多数あった」と強調し、15年教育卒の女性は「ワセジョと名乗るだけで、恋愛対象から外され、飲み要員として扱われた」と嘆く。

 なにしろ、ワセジョは逞(たくま)しい。

「長期休みの旅行先が他大の女子と違うことに、4年時に気づいた。周囲ではブラジルやペルー、ネパールやカンボジアなどが人気で、大学生女子の総意だと思っていた。慶應や上智の女子の行き先は、欧米オンリーだった」(早大05年卒・社学・女性)

「女子でもお酒をガブガブ飲む。ビール瓶や焼酎を手に、とにかく飲む。私も居酒屋のテーブルに立ってビール瓶片手に飲んでいた」(早大10年卒・商・女性)という申告もあれば、「神宮球場で、早稲田の女子学生が一升瓶をラッパ飲みしていた姿が忘れられない」(慶大90年卒・理工・男性)との声もある。

 ワセジョを賛美する声も多い。

「サークル唯一のワセジョは、個性的かつ素晴らしいコミュニケーションスキルで、他大学の女子と仲良くなっていた」(早大87年卒・法・男性)

「慶應の女性が一番と思っていたが、妻と出会って見解が変わった。ワセジョは美しいひとが多く、聡明(そうめい)でサバサバしている」(慶大90年卒・経済・男性)

●勝ち組オーラの慶應

 慶應生に対しては、世間のイメージどおり、「金持ちが多い」との証言が相次いだ。

 財力は、車に表れる。

「とある授業のレポートを友人から求められ、レポート完成を連絡したら、ご一行がベンツ4台で取りに来た」(慶大09年卒・経済・男性)

「フェラーリでドライブに来た」(早大16年卒・政経・男性)

「先輩の慶大生の家の車がポルシェだった。嫉妬で涙が出た」(早大現役・政経・男性)

 お金持ちはやっぱりモテる。

「早大生がダンスパーティーで女子大生を取り合っていたのに、慶應医学部のパーティーでは女子大生が積極的だった」(早大78年卒・政経・男性)

「友人が入学早々彼女をつくり、慶應の恐ろしさを思い知った。イケメンではなかったのに」(早大11年卒・基幹理工・男性)

「合コンで、女性陣の対応が早大生に対して雑だった。慶大生にはサークルやゼミの話を、目を輝かせながら聞いていた」(早大現役・政経・男性)という恨み節も。

 もちろん、慶應にも庶民や苦学生はいる。お金持ち、遊び人とのイメージに、居心地の悪さを覚えた卒業生も少なくない。

「贅沢しているように勘違いされた」(慶大85年卒・法・男性)

「同性からいらぬ嫉妬を受けることが多かった。金持ちと思われ、おごらされることも」(慶大88年卒・文・男性)

 社会に出ると、男女ともに「財界に顔がきく」「世渡り上手」といった意見が寄せられた。

「就活イベントでしゃしゃってくる黒縁眼鏡男子は慶應経済」(早大・法・女性)

 という指摘も、就活重視の実利主義ゆえか。

 早慶戦、とりわけ六大学野球のそれは、両校が火花を散らす象徴的な場だ。呼び方一つにも、両者の意識があらわれる。早大卒業生が、「慶早戦と呼ぶところが慶應」と突っかかれば、「早慶戦っていわれるとモヤモヤする」と慶應卒業生が返す。早稲田が、「神宮球場のスタンドには、圧倒的に早稲田が多い。慶應は冷淡」といえば、慶應は「応援中、現役生と卒業生の間に一体感が生まれる」と応じる。

●実は仲良し?

 アンケート結果によると、愛校心は、「大いにある」「多少はある」が早大で約95%、慶大で約93%を占めたが、相手校へのライバル心は、「大いにある」「多少はある」が早大で約74%、慶大では約49%に留まっている。慶大側は「意識していないよ」と言わんばかりだが……。

 慶大法学部の現役生で慶應塾生新聞会代表の小林良輔さん(21)は、「サークル同士のつながりがあって、早慶は実は仲がいい。切磋琢磨する関係かな。対抗意識をつくりだして、楽しんでいるきらいがある」という。

 慶大85年法学部卒のEさんは、学生時代の体験談をこう明かす。

「早慶戦後、仲間と銀座に繰り出し『若き血』を歌いながら歩いていたら、黒塗りの高級車が通りかかり、窓から老紳士が顔を出したんです。勝敗を問われ、『勝ちました!』と答えると、1万円札を差し出し、『これで祝杯をあげてくれ』と言い残して去っていきました」

 慶大03年文学部卒の女性は、笑みを含んでこう言った。

「雑誌で早慶のランキングがあれば、ウチが上かを確認します。どんな試合も、10年負け続けも10年勝ちっぱなしも、最高につまらない。早稲田にはいつまでも好敵手であってほしい」

(編集部・熊澤志保)

※AERA 2016年10月17日増大号