今年もすでに10月。10月はご存じのように「神無月」と呼ばれている。これは12月を「師走」と呼んだように陰暦の呼称だ。それぞれの月の呼び名には各いわれがあるのだが、あまりに昔すぎて、本来そう呼ばれる由縁がほとんどわからなくなってしまっている。12月の「師走」は「お坊さんが走り回わるほど忙しいから」といわれているが、これもどうやら平安時代に作られた俗説らしく、この平安期にすでに「しはす」とよばれる起源が不明と書物には記されている。

●10月に神さまはいないのか?

 陰暦10月の呼称「神無月」が注目を集めるようになったのは、このところの神社仏閣ブームで、「縁結びの相談をするため、全国の神さまが出雲に出かけられ日本中に神さまが不在となるため」という俗説が一気に広がったからだ。さらに出雲では10月を「神在月」と呼んでいる、というところまで広く知られるに至り、「10月にお参りしても神さまいないんでしょ?」などという人もあまたが出る始末。

 日本語の難しいところは、漢字が持つ意味がだんだん狭まってきて、後世に誤解を招く表記となってしまっているところだ。「神無月」の「無」というのは、もとは「の」の代わりに使われていた言葉だそうで、たとえば6月を指す「水無月(みなづき)」が「水のない月」だとすると、梅雨にあたるこの時季の日本では、無理がある解釈だということがお分かりいただけるかと思う。
つまり、「神無月」は「神の月」という意味であり、秋の収穫に感謝し、1年の無事をお祝いすべき月という意味である。

●お留守番の神さま

 ところで、この「神さまいない」話には続きがあり、「神がいない月があることに困った民衆が神さまにお願いしたところ、お留守番の神さまを作ることにした」のである。この留守番担当が、えびすさまだ。えびすさまとは七福神のうちの1柱で、多くの場合、釣りさおと鯛を持つ姿で描かれている。えびす神の話も長くなるので詳しくは割愛するが、多くの別名を持ち、海外に由来を持たない(つまり仏教やヒンズー教、国産みの話などの影響を受けない)珍しい神さまであるのだ。いうなれば、日本人にとってはとても便利で親切な神さまなので、たぶんお留守番の役も担わされたのだと思う。

ちなみに、すでにお気づきの通り「神無月」の逸話が、俗説であるなら、留守神・恵比寿は、俗説の上に立つ俗説となる。

●東京名物はここから誕生した

 その上、この俗説に寄ったお祭りまでできてしまう。「お留守を務めてくれる恵比寿さまにお礼を」ということで、10月あるいは11月に行われる「えびす講」というものが、特に東日本で流行した(ちなみに西日本では1月にえびすさまのお祭りが行われることが多い)。えびすさまといえば商売繁盛の神さまというわけで、特に東京ではだいこくさまとともにとても人気のある神さまとなった。商工人が集まった日本橋界隈ではえびす講は大人気で、徳川家繁栄を祈願されたえびすさまを祭る「寶田恵比寿神社」(東京都中央区日本橋本町)では毎年10月20日に市が立つようになる。これは、一帯の商人たちの家で行われるえびす講で使われるタイや神棚を販売する目的で始まったものだが、次第にいろいろなものが売られるようになった。なかでも江戸名物の浅漬け大根は、売り子が通り過ぎる客に向かってかけていた掛け声「べったら、べったら、買わないで通ると着物にくっ付くよ」が、商品名「べったら漬け」となった。今では、恵比寿さまのお祭りといえば、「べったら漬け」とセットとなっており、「金がつく、運がつく、縁がつく」という縁起物扱いをうけるまでになっている。

●出雲大社もべったら祭りも俗説のおかげで繁盛

 神さまの会合話は、その昔の出雲大社の関係者が言い始めた話だという。神さま同士の縁を結ぶための会議だといい、縁結びとして名高い出雲大社はこの話でますます箔(はく)をつけた。

 そして、恵比寿さまもこの俗説のおかげで10月は忙しい月となった。今でも日本橋のべったら祭りには、400〜500軒もの露店が並ぶ盛況ぶりである。もちろん、10月19日・20日には、JR恵比寿駅のそばにある恵比寿神社や新宿の稲荷鬼王神社(境内に恵比寿神社がある)などでも、べったら祭りが行われている。

「神無月」の俗説なしでは、「べったら祭り」のこのにぎわいもなかったかもしれない。俗説のおかげといえるだろう。文・写真:『東京のパワースポットを歩く』・鈴子)