呼吸の変化で健康になるとして、近年、注目を集めているのが「超高性能」マスクを使った健康法だ。マスクの高性能フィルターを通すと呼吸が深くなり、インナーマッスルが鍛えられ、酸素が体の隅々まで行きわたり、体質改善も期待できるという。

 超高性能マスクに注目が集まるきっかけは、フィギュアスケートの羽生結弦選手だ。2015年3月、世界選手権に出場するために中国・上海空港に降り立った羽生選手がつけていたのが、愛知県の中小企業「くればぁ」の超高性能のメッシュ加工されたスーパーマスクだった。

「清浄度レベルが保たれるクリーンルーム用エアコンに使用されるフィルターを縫い付けた7層構造のマスク。フィルターの網目は0.1ミクロンで、粒子状物質(PM)2.5や花粉、ウイルス飛沫を99%カットすることができる」

 と同社の中河原毅社長は性能を説明する。

 もともと気管支が弱い羽生選手は、リンクで気管支に悪い冷たい空気を吸い込まないようにするために、リンクでの練習時もマスクを愛用。上海での大会は、大気汚染対策に、と羽生選手のトレーナーが注文し、使用していたのだという。

 だが、マスクの超高性能フィルターは思わぬ視点から注目を浴びた。昨年6月に、「林先生が驚く初耳学!」(TBS系)は、ダイエット効果があるマスクとして紹介したのだ。こうしたマスクをすることによって呼吸が深くなるからだ。

 くればぁ社と共同でマスクの研究開発にあたる、間柴正二・間柴医院院長(消化器科)が呼吸とダイエットの関係を説明する。

「健康な人が1日に呼吸で消費する熱量は350キロカロリーだと言われています。しかし、呼吸器系の病気を患う患者さんは、皆さん非常に痩せています。というのも『努力呼吸』と言って、呼吸にインナーマッスルや腹斜筋などいろいろな筋肉を使う。通常の5〜6倍のカロリーを要するのです」 この「努力呼吸」を健康な人の予防医療に応用できないかと、間柴医師らは考えた。ダイエットは、高血圧や糖尿病、メタボリック症候群など生活習慣病に有効なのは言うまでもない。

 くればぁ社は、間柴医師の協力を得て、「密閉性をさらに高め、呼吸筋を鍛える効果のあるマスク」(中河原社長)を開発した。現在、羽生選手が愛用するのもこのタイプ。1作目と同様にオーダーメイド制で1枚1万4980円。100回の洗濯が可能とはいえ破格の値段。だが、すでに販売数は10万枚を超えたという。

 やはり超高性能マスクの効能に注目し、『マスクつけるだけダイエット』(扶桑社)を出版したのは、呼吸器内科の専門医である、大谷義夫・池袋大谷クリニック院長である。

 大谷医師は、感染防止などの目的に医療現場でも使用されてきた高機能マスク「N95」に準じる機能を持つマスクを版元と共同開発。同書の付録につけて、呼吸筋を鍛える健康法を推奨している。大谷医師が言う。

「呼吸するための主な筋肉として横隔膜と外肋間筋。補助的な筋肉として腹直筋や胸鎖乳突筋があります。残念なことに呼吸筋は20代をピークに衰えます。呼吸筋が衰えると、すこしの運動で息苦しくなったり、ウイルスを吐き出す力が弱まるので病気のリスクが高まったりします」

 だからこそ、高性能マスクで負荷をかけて呼吸筋を鍛えれば、健康寿命を延ばすことにもつながるのだ。

 マスクをつけ、深い呼吸になれば、酸素をより多く取り込むことになる。脂肪が燃焼され、さらに、血行が促進されて内臓機能も活性化。基礎代謝が上がり、より多くのエネルギーを消費するという仕組みだ。

 大谷医師は30人の協力を得て、開発したマスクによるダイエット効果を実証。1日8時間以上装着した人には、体重の減少が確認されたという。

「マスクを装着することで自然に間食も減りました。特別な運動をしなくとも、痩せやすい体になるわけです」(大谷医師)

 体質改善効果も高そうだ。

「深い呼吸によって、体の隅々まで酸素が行きわたると肩こりや緊張性の頭痛、手足の冷えも改善が期待できます。さらに腹式呼吸に即して横隔膜が大きく動き、腸やリンパが刺激されて便秘の改善やむくみ解消につながります」(同)

 全身がリラックスすることで神経伝達物質の「セロトニン」が増加し、うつ病など心のトラブルを遠ざけることにも役立つという。

 健康効果が期待できる超高性能マスクだが、残念ながら、普通のマスクで同じ効果を得られるかは不明とのこと。その一方で、超高性能マスクはアスリートのトレーニングにも活用できるようだ。

 東海地方のある大学の駅伝部が、呼吸に負荷をかける機能に注目。今年6月から羽生選手が愛用するタイプと同じマスクを装着しての練習を取り入れる予定だという。前出の間柴医師によれば、超高性能マスク内の酸素濃度が15%下がると高地トレーニングと同じ効果が得られるそうだ。

「体が酸素不足になると、ヘモグロビンの生成を促進するホルモンが分泌されます。すると、酸素を体中に運ぶ機能が高まり、持久力がつくのです。実際に、このホルモンを投与してヘモグロビン量の増加を促進する薬がありますが、アスリートはドーピング違反となるので使用できません」

 また間柴医師によれば、羽生選手のように気管支が弱い患者には、交感神経を刺激して気管支を広げる薬があるが、アスリートが使えばドーピング違反となるため使用できない。代わる方法として、いま愛用するマスクでPM25レベルの汚染物質の吸収を予防し、呼吸筋を鍛える方法は有効だと見る。

 羽生選手のマスク姿からブレークした超高性能マスクの健康法。挑戦してみるのもいいかもしれない。

※週刊朝日 2017年3月24日号