知識偏重型の医学教育では、もはやグローバルスタンダードには合致しない。現場体験を重視した新しいカリキュラムが日本でも定着し始めている。

「体調はいかがですか? 困っていることはありませんか?」

 東京慈恵会医科大学医学部5年生の内山敬太さんが、同大附属病院の入院患者のベッドサイドで、少し緊張した様子で話しかける。傍らには病棟長の川浪大治講師が立ち、患者との会話や触診の様子などを見て、フォローやアドバイスを行う。

 従来の日本の臨床実習は、医師の診療の見学が中心だったが、ここ数年、診療参加型の臨床実習を実施する医学部が増え始めている。その背景にあるのが、黒船来航とも言われる、日本の医学部が直面する「2023年問題」だ。

 10年9月、米国、カナダ以外の医学部卒業生に対して米国医師国家試験の受験資格を審査するECFMGは、全世界に向け次のように通告した。

「23年から、米国医科大学協会か世界医学教育連盟(WFME)の基準による認証を受けていない医学部の卒業生には米国の医師国家試験受験を認めない」

●世界に通用しなくなる

 現在、WFMEのグローバルスタンダードで認証された日本の医学部はひとつもない。今のままでは、日本の医学部を卒業しても米国の医師国家試験を受験することはできなくなる。同試験の受験者数は国内で年間数十人ほどだから、あまり関係ないと考える人もいるようだが、今後、世界で活躍できる医師養成のためには、日本の医学教育が国際基準を満たしているという評価を受けることが必要になってくる。

 文部科学省高等教育局医学教育課の担当者は、こう話す。

「日本の医学教育は優れていますが、諸外国と比べると実習時間が短く、診療参加型の度合いが低い。このため診療参加型臨床実習のさらなる充実や体系的な教育の実施、国際標準を満たす医学教育分野における評価の確立を進めています」

 12年から取り組む二つの事業がある。「グローバルな医学教育認証に対応した診療参加型臨床実習の充実」事業には、当時医学部を持つ79大学中49大学から申請があり、10大学が採択された。また、「医学教育認証制度等の実施」事業は、東京医科歯科大学を中心に、千葉、東京、新潟、東京慈恵会医科、東京女子医科の計6大学が連携する。

 両方に取り組む東京慈恵会医科大学の医学科長、宇都宮一典教授は2023年問題を「日本の医学教育を見直すいいチャンスになった」と捉える。

「日本の医学教育は、『見学』とペーパーテストを重視してきました。しかし、英米の医学教育は『参加』を重視しており、日本の医学教育は“ガラパゴス化”してしまった。本学では、昨年度から『参加型臨床実習のための系統的教育』を行う新カリキュラムをスタートさせました」

●知識と診療が結びつく

 新カリキュラムでは、1〜3年次に福祉体験実習、在宅ケア実習などを7週間実施する。4年後期から5年前期まで、従来の臨床実習を28週間実施し、全診療科を回る。5年後期から6年前期はスチューデントドクターとしてチーム医療の一員に加わり、診療参加型臨床実習を40週間行う。これによって臨床実習は65週から75週に増えた。

「臨床を半年前倒しする一方、学生に知識が定着するように、実習の後に演習・講義を行い、その後また実習に戻る。交互に行うことで、知識と実際の診療が結びつきます」(宇都宮教授)

 冒頭の内山さんは、新カリの1期生。感想をこう語る。

「講義では『甲状腺が腫れる』と教えられてもイメージするだけでしたが、臨床実習では実際にどういう状態なのかがわかります。患者さんを目の前にすると、『しっかり勉強しよう』という意欲が強くなりましたね」

 指導する川浪講師も、新カリのメリットをこう強調する。

「糖尿病などの生活習慣病は、早く臨床現場に出て患者さんの生活を知ることが特に大切です。学生が実習で学んだことをしっかり覚えているとうれしく、教員のモチベーションも上がります。十分な臨床力を身につけた医師の育成を目指しています」

 学生が診療参加型の実習をすることは、医師側にもメリットがある。医師は忙しいため、患者の話を何十分も聞く余裕がないことが多い。学生が患者から聞き取った情報をカンファレンスで報告し、よりよい治療につながることもあるという。

●世界基準の評価を作成

 臨床実習を見学していた4年生にも感想を聞いた。

「座学では症状から病名を考えることが多くて、糖尿病になると合併症でさまざまな神経障害が出ると学びました。だからといって、患者さんに『神経障害がありますか』と聞いても、答えにくい。『最近、よく足がつるんですよ』というのが、神経障害の始まりだったというケースもあり、さりげない会話も判断材料にしていることを実感しました」(黒崎元博さん)

「座学では病気を原因、検査、診断、治療と縦に学びましたが、臨床現場では、全体像として見なくてはならないことを痛感しました」(光岡浩一郎さん)

 一方、文科省の「医学教育認証制度等の実施」事業に力を入れるのは東京女子医科大学。大久保由美子同大教授は話す。

「本学では07年から診療参加型の臨床実習を重視した教育を行う準備を始め、11年から始まった新カリキュラムが、WFME西太平洋地区支部の国際外部評価を受けました」

 教育目標としてのアウトカム(学修成果)・ロードマップ、プロフェッショナリズム教育、テュートリアル教育などが高く評価された一方で、さらなる学生の自主的学習時間の確保と臨床実習の拡充が課題とされた。

「当時の医学教育に携わる関係者からは、『こんなにやっている女子医大ですら、部分的適合、不適合があるのか……』と驚きの声がありました。本学の外部評価を参考に、日本医学教育学会がWFMEのグローバルスタンダードに準拠する評価基準の日本版を作成しました」(大久保教授)

●卒業生の社会貢献度

 評価基準の評価領域は、医科大学の使命と学修成果、教育プログラム、学生の評価、教員などの9領域。15年12月には、日本医学教育評価機構(JACME)が発足した。

 JACME理事を務める東京医科歯科大学の奈良信雄特命教授は、こう説明する。

「今後、23年までに全医学部がJACMEの評価を受ける予定です。これにより、グローバルスタンダードに合わせた教育が各大学で進むと期待されます」

 東京女子医科大学では、評価基準の改訂に伴い、カリキュラムも変化させている。臨床実習期間がさらに増加し、前回評価の課題を改善することで、医学教育がより充実したものとなる。

 東京慈恵会医科大学も14年に外部評価を受けた。前出の宇都宮教授は語る。

「建学の精神である『病気を診ずして病人を診よ』に則った医学教育とカリキュラムが高く評価されました。一方で、卒業生の業績を調べ、分析をしているかという評価項目は、これまで手付かずでした。今後は、卒業生の社会貢献についても調査分析をする予定です」

 各大学が、グローバルスタンダードに合致する教育に取り組めば、将来医師になる学生にとっても、その医師に診てもらう患者にとっても喜ばしいことだ。「2023年問題」は、日本の医学教育や医療の質向上のきっかけとなるだろう。(ライター・庄村敦子)

※AERA 2016年10月3日号