JR横浜線大口駅から徒歩3分。住宅街の一角にある大口病院(横浜市神奈川区)で、入院中の男性患者2人が点滴に異物を混入され、相次いで中毒死した。入院していた4階では、7月1日から9月20日まで48人の死者が出ていることも判明。捜査関係者は「被害者は二ケタ」とみている。Aさん(50代)の父親(90代)は8月末、同院の4階で死亡した。疑惑の“48人”のうちの一人だ。犠牲者の亡くなり方を知るにつれ、父親の死に疑念を抱くようになった。

 父親の死因に不信感を抱いたのは、亡くなり方が腑に落ちなかったからだ。当時の様子をこう語る。

「それまで父は、病気の影響で会話こそできなかったけれど、手を動かすなどでコミュニケーションはとれていました。寝たきりになると手足が固まってしまうので、それを予防するリハビリも受けていました」

 進行性の慢性病をわずらっていた父親は、鼻からの酸素吸入と栄養剤としての点滴を受けていた。だが、1カ月ほど前に同院に転院してきたときには会話もでき、「今年いっぱいは大丈夫だよ」と力強く話していた。その後、病気が進行して体は弱ってきたものの、意思の疎通に問題はなかった。実際、死亡する1時間ほど前にもAさんはお見舞いに行っている。その時点で、おかしな様子は見られなかったという。

 だが、父親の死はその後すぐに訪れた。

 いつもどおり見舞いを終え、自宅に戻って一息つく。そのとき、病院から電話がかかってきた。

「父の『呼吸が止まった』と……」(Aさん)

 父親と別れてから30分しかたっていなかった。病院に戻ったAさんに、主治医は「不整脈が出て、呼吸が弱くなり、止まった」と説明。そして「私もびっくりしました」と話したという。Aさんはそのひと言を今も忘れていない。

「医師が驚くほどの急変だったんだと。でも、当時はそれで納得していました」

 だが事件を知り、死因に疑念がわき始めた。同時に当時の病棟の様子がおかしかったことも思い出した。

「実は、父と同じ病室の窓際の患者さんも同じ日に亡くなっています。急変だったようで、看護師さんがあたふたとしていました。個室でも1人亡くなっていて、主人は亡くなった人を運ぶストレッチャーが父用以外に2台運ばれてきたのを見ています」(同)

 報道によると、4階では8月下旬に1日で5人、9月初めには1日で4人が死亡。Aさんの父親が亡くなった日も、少なくとも3人は死亡している。都内のある医師は疑問を呈す。

「がん以外の慢性期の病気の終末期の場合、容体が急変することは少なく、一度にそれだけの人が亡くなるのは、インフルエンザの感染など何らかの理由がないと、考えにくい」

 同院の高橋洋一院長も、「(48人は)多いという印象。院内感染を疑った」と述べている。

 もう一つ、Aさんが不審な点を指摘するのは、点滴の保管だ。点滴は17日の午前に薬剤部からナースステーションに運ばれ、鍵を掛けていない状態で保管されていた。ところが、Aさんが目撃したのは、ナースステーションと個室の横にある、ほとんど使われていないデイルームのテーブルの上に、段ボールに入った点滴が置かれている様子だった。

「点滴には患者さんの名前が書かれたシールは貼ってありませんでした。他の病院ではそういう光景を見たことがありません」

 関係者のこんな証言もある。4階すべてが寝たきりの患者という報道もあるが、実際は奥の大部屋には歩行器などを使えば移動ができる程度の患者が入院。ナースステーションに近い病室は重症度が高く、寝たきりの患者が集まっている。

「経費節減のためか照明を一部落としていて、病棟は薄暗い。見舞客もほとんど見えないので、ひっそりしている」(関係者)

 院内で働く看護師にトラブルが起きていることも、明らかになっている。

 横浜市には7月5日、8月12日にトラブルを告発するメールが送られてきた。いずれも監査課宛てで、医療安全課に転送された。最初のメールには「カルテの紛失があった」ことと、「看護師のエプロンが切り裂かれた」ことが、箇条書きのような形で記されていた。市はこれを放置したわけだが、その理由についてこのように話す。

「市には医療機関に対する内部告発や苦情メールが年間約5千件寄せられます。『調べてほしい』『病院に伝えて』という内容であれば動くこともありますが、単に事実だけなら、人手も足りないこともあって対応していません」(医療安全課)

 2通目は「病棟で飲み物に漂白剤らしきものが混入され、看護師のくちびるがただれた」と被害が発生していたことから、9月2日の通常の立ち入り検査時に病院側に確認。事務長が認めたため、口頭で再発防止を促した。

 3度目の告発メールが送られたのは、9月20日。「点滴に漂白剤(実際は商品名)らしきものが混入されることがあった。警察に通報するようです」という内容だった。このときは「病院が警察に通報するのであれば」ということで動かず。同課が事件を知ったのは23日夜だった。現在、市は立ち入り検査を検討中だ。

 さらに、メールとは別途、何者かがツイッター上で市に告発メールを送ったことなどをつぶやいている。内容や時期から病院関係者に近い人物と思われる。

 事件は病院の4階という限られた空間で起こっていて、かつ点滴に薬物を混入するという専門性が必要なことから、犯人は「内部の関係者ということも否定できない」(高橋院長)。捜査関係者によると、当時勤務していた看護師やメールを送った人物などに事情を聴いているという。

※週刊朝日 2016年10月14日号より抜粋