神奈川県相模原市の障害者施設で、刃物を持った男が入所者らを襲い、19人が死亡、26人がけがをする事件が7月26日未明に起こった。なぜこのような事件が起きたのか。毎月話題になったニュースを子ども向けにやさしく解説してくれている、小中学生向けの月刊ニュースマガジン『ジュニアエラ』に掲載された解説を紹介しよう。

*  *  *
 多くの人が亡くなり、傷つき、今も不安で眠れない人がたくさんいることに、まずは想像力を働かせてみよう。そうすれば、いかに理不尽で無残な事件だったかがわかるはずだ。この事件の背景を、社会や国家に焦点をあててみていこう。

 今年4月、障害をもつ人への差別を禁止する「障害者差別解消法」がスタートし、日本は障害のあるなしにかかわらず、共に生きる社会を目指すことを法で定めた。一方で、働いて社会に貢献することに人の価値をみる経済中心主義も広まっている。その流れの中で、生産労働には不向きの障害をもった人々が、就職や昇進、あるいは結婚や居住、就学において差別を受けることがある。容疑者の発言には、障害者には価値がなく不幸であり存在しないほうがいい、という間違った考えが見られたが、それは社会に残る障害者差別の線上でもある。だがさらに、障害者を積極的に社会から排除すべきという優生思想も語られた。いのちを社会や国家が選別し、無用とされ負担となるいのちを政策的に抹殺しろという主張である。容疑者は国に代わって大量殺人を行ったと自負し、あの行動を「正義」だとも考えている。この確信的な行動は、いうまでもなく、障害者を対象にしたヘイトクライムだ。国際的に厳しい対応が求められる人権侵害である。そのうえ、今回の犯罪は日本が目指してきた共生社会に真っ向から反する「テロ」でもある。

 刑事事件としての捜査が進行するなか、政府の対応は、容疑者が措置入院(※)を命じられていた事実を重く見て、措置入院制度の改革や、障害者施設の安全確保のための隔離という方向に進んでいるようだ。だがこの対応はテロに屈したともいえる。障害のあるなしにかかわらず、共に同じ地域やコミュニティーで生きていく共生社会という目標とは反対の方向に舵を切ったともいえる。もしそうなら、それは容疑者がある意味で望んでいた方向ではないか。

 いま私たちに求められるのは、これまで日本においてさまざまな障害者団体や個人が尽力してきた、共生という方向性を前進させることである。狂信者が恐れ憎む自由や寛容、人間性こそ、狂信者への断固たる態度になりえるのだ。(解説/慶應義塾大学教授・岡原正幸)

※自分や他人を傷つける恐れがある場合に、都道府県知事などが、本人の同意なしに指定の精神科病院に入院させること

【キーワード:優生思想】
生きる価値のある生命とない生命、優秀な生命と劣った生命とを分けて、社会国家の繁栄や質の向上のために、劣った生命を排除し減らすべきという思想。

【キーワード:ヘイトクライム】
特定の特徴(民族、宗教、性的指向、障害の有無など)をもった個人や集団への、差別や憎悪による犯罪行為(傷害・殺人など)。

※月刊ジュニアエラ 2016年10月号より