2016年の新語・流行語大賞は「神ってる」。“聖地巡礼”“パワースポット”がにぎわいを見せ、神様が身近にあふれる。3・11から6年、一人ひとりがそれぞれの形で宗教と向き合う時代。日本の宗教にいま、何が起きているのか。AERA 1月16日号では「宗教と日本人」を大特集。現代の宗教最前線を、宗教評論家のひろさちやさんに聞いた。

*  *  *
 国家神道と民衆神道。神道にはこの二つがあり、まず明確に分ける必要があります。

 前者は、宗教ではなく一つのイデオロギー。天皇を「現人神(あらひとがみ)」とし、民衆を支配するためのイデオロギーです。律令制が成立した7世紀ごろ、当時の支配階級が民衆を統治するための道具としてつくったのです。戦前、国家神道は聖戦思想の根拠となりました。そのため、GHQは危険なイデオロギーとして国家神道を廃止したのです。

 一方、自然の恵みを受け、生かされているという自然崇拝の中で生まれたのが民衆神道です。この自然の恵みを表現したのが「神」です。つまり、私たちは神様に囲まれ、一緒に生きているのです。「空気が読めない(KY)」という言葉がありますが、私はあの「空気」が神様だと思っています。民衆神道の起源は、狩猟採集を行っていた縄文時代にあると思います。

 民衆神道は、神とともに暮らす日本人の「生活様式」を教えた宗教でもあります。民衆神道により、私たち日本人は自然によって生かされているという感覚を持つようになりました。それが昔の日本人のよさでした。

 しかし、明治時代以降、資本主義と民主主義が入ってきたことで、徐々に民衆神道離れが進みました。資本主義は拝金主義を生みました。民主主義は多数決が原則ですが、少数派の意見を顧みることも大事です。

 弱い者がイジメられていても誰も助ける人がいない社会になった。それは、自然に生かされているという意識がなくなり、権利意識だけが強くなったからでしょう。

 もう一度、日本人の「心の原点」である本当の神道を確認し、そこに戻ることが大切だと思っています。(構成/編集部・野村昌二)

※AERA 2017年1月16日号