都知事選から1カ月あまり。精力的な活動で、一挙手一投足がマスコミに報じられる小池百合子東京都知事。作家・林真理子さんとの対談で、築地移転問題について語った。

*  *  * 
林:小池さん、すごく生き生きしていらっしゃる。やっぱりトップが似合いますよ。

小池:環境大臣や防衛大臣もやりましたが、大臣って所轄が決まってますからね。何かやろうとしても、経産省や財務省からダメな理由ばっかり飛んできて、やりたかったことの達成率は5割でしょうか。都知事の場合、8割は達成できると思いますよ。

林:都知事になるために議員をやってきたような気がしません? あれもこれも、全部ここに来るための助走だったと。

小池:私、自民党の総裁選に一度出たことがあって、そのときは総理になればいろいろできると思ったんですよね。あのときは3位だったかな。都知事は守備範囲がムチャクチャ広いので、やりがいがありますね。ましてや東京都ってびっくりするぐらいお金持ち。イコール放漫経営。

林:私、なんでこんなに都民税を払わなきゃいけないんだろうって……。

小池:すいません。ちゃんと価値ある活用をさせていただきます(笑)。

林:独身のころは、「こんなに払ってるんだったら、都庁の職員を2人ぐらい紹介してほしい」と思ったものですよ(笑)。潤沢なお金を、いままでの都知事は好きなだけ使ってたんですよね。私は都知事がファーストクラスで海外視察に行っても全く問題ないと思うんですけど、都民は舛添さんの件で初めて「こんなにお金を使っていたんだ」と知って、びっくりしたんですね。

小池:永田町の国会議員だってびっくりですよ。国会議員の海外視察も非難の的になりがちですけれども、「なんと大らかなことよ」と。

林:やっぱりそうですか。

小池:オリンピック、パラリンピックの会場の建設費とか、築地市場の移転だってそうでしょう。議会はチェック機能を果たしていないどころか、一緒になってやっている。驚きですよ。

林:豊洲移転に「待った」をおかけになりましたが、1日放っておくとランニングコストが700万円でしたっけ。

小池:あれは延期させないための数字です。電気も水も使わないし、人がいないところにたくさんの警備は必要ない。そんなにかかりませんよ。それに冷静に考えれば、毎日のランニングコストよりも、当初990億円だった建設費が2752億円になったことのほうが圧倒的に大きい。

林:築地はあれだけ観光客が来てるし、老朽化してるといってもそんなに不便でもないわけですよね。

小池:ただ、1930年代につくられた施設ですからね。林さんの子どものころって、冷蔵庫は上に氷を置くタイプでした?

林:いえ、電気冷蔵庫でした。

小池:私が小さいころは、上に氷を置く木の冷蔵庫でしたよ。それが昭和30年代で、築地市場がつくられたのはさらにその20年前ですからね。近年は衛生基準が非常に厳しくなってますし、豊洲に移転すればとても近代的になる。ただ、面積は築地の1.5倍以上あるのに、作業場はかえって狭くなるんですね。

林:業者の人が「狭くてマグロが切れない」って言ってますよね。

小池:莫大なお金をかけながら、「使い勝手が悪い」とか言われてる。ふつうのビジネスの感覚では、考えられません。

林:でも、移転をやめたら反発が起きますよね。「うまくいきかけてたのに、フザケるな」みたいな。

小池:安全性が確認されたら、使えますから。ようやくまとまったのをちゃぶ台返しした小池であるわけですが、この問題ってもう30年もやっていて、その間に世の中変わってるんですね。私は電電公社の民営化にかかわったことがありますが、世界の通信ビジネスがどんどん変わっていくなかで、日本は国内の民営化の話を何十年も延々とやってたわけ。決着がついたときには世の中が変わっている。ガラパゴスの始まりです。あちこちでそういう状態に陥っているから、東京はムチャクチャやりがいがあります。手つかずの荒野が広がっていますから。

(構成/編集部・野村美絵)

※週刊朝日 2016年9月30日号より抜粋