都知事選から1カ月あまり。精力的な活動で、一挙手一投足がマスコミに報じられる小池百合子東京都知事。作家・林真理子さんとの対談で、都の職員に驚かれる働きぶりや、都知事選の当確裏話をしてくれた。

*  *  * 
林:このごろ、都知事の動向が連日ワイドショーに取り上げられて、すごいですね。

小池:視聴率が2%上がるんですって。制作費の削減にもなるし、一石二鳥。それで悪口言ってるんだから(笑)。

林:悪口なんて、ほとんど聞きませんよ。今、都庁には週に何日ぐらいいらっしゃるんですか。

小池:これまでにない都知事の働きのようですよ。「毎日いる」ってびっくりされてるから(笑)。

林:石原(慎太郎)都知事の登庁は、週に2、3回ぐらいだったそうですね。「それってあり?」という感じ。

小池:舛添(要一)さんもけっこう毎日行っていて、「都知事って毎日来る人なんだ」と思われたみたい。さらに私はムチャクチャ仕事をするので、みんなびっくりしてます。「いないほうがいい」と思われてるかもしれないけど(笑)。

林:知事報酬を半分にする条例案を出すそうですが、今、月額145万円(年収は2896万円)とかですよね。半分はちょっと少ないんじゃないですか。

小池:これは気合の問題で、「身を切る覚悟をしてまっせ」ということなんです。これからあちこち切っていきますから。

林:切っていくんですか。都庁の職員や都議会議員のお給料を?

小池:職員のお給料を下げるのはデフレ脱却に逆行しますし、議員の給与は都議会が決めることですが、私の気合をどこまで感じるかですね。

林:あとはどこを切るおつもりなんですか?

小池:たとえばオリンピック、パラリンピックの予算ですね。

林:ああ。ボートやカヌーの競技場(海の森水上競技場)は、もともとの予算(69億円)の7倍になってるんですよね。橋を撤去するだけで38億円もかかるとか。それで巨額の利益を得る人たちもいるわけですから、身の危険を感じたりすることないですか。

小池:ありますね。2020年に生きていたいと思います(笑)。私は都知事選に出たときから、崖から飛び降りた覚悟でいるので、それも織り込み済みです。

林:カッコいい。都知事選では「あと出しジャンケンがいちばん得」とか言われているなか、真っ先に出馬表明したじゃないですか。あれでみんなの心をつかんだと思いますよ。

小池:モタモタしてるのがあんまり好きじゃないしね。

林:開票時刻の午後8時にテレビを見たらすぐに当確が出て、びっくりしましたよ。

小池:私は「8時ちょうどのあずさ2号」と言っていたんですけど、実は「ほぼ8時に(当確を)出します」ということを数日前にマスコミの方から聞いてたんです。

林:えっ、そんなことがあるんですか。

小池:最近、期日前投票が増えていて、投票し終わった人を捕まえて調査をするからずいぶん早くわかるんです。でも、そんなことを聞いたら気が抜けちゃいますから、私自身は最後まで打ち消してましたし、事務所の人間にも言いませんでした。NHKは「真田丸」の放送時間を早めて、8時ちょうどから開票特番をやりましたが、視聴率が20%だったそうですよ。「真田丸」を見逃した方には申し訳ないですが。

(構成/編集部・野村美絵)

※週刊朝日 2016年9月30日号より抜粋