小池百合子都知事が延期を決めた築地市場移転問題が、いよいよ混迷を深めている。豊洲新市場の建物下に専門家会議が提言した「盛り土」がされておらず、水がたまった謎の「地下空間」が存在することが発覚。新市場の安全性に、大きな疑問符がつく展開となってしまったからだ。

 原因究明と責任者探しが続く中、市場の主役である水産仲卸業者たちは蚊帳の外に置かれている。彼らの目にこのドタバタ劇はどう映るのか。そして、不祥事を生んだ本当の原因とは──。本誌は築地で働く現役の水産仲卸業者4人を集め、緊急座談会を行った。

(座談会参加者 関戸富雄=加工水産物などを扱う「関富」社長。都知事選中、小池百合子氏 に移転延期の要望書を提出/村木智義=鮮魚などを扱う「ムラキ」取締役/X=鮮魚などを 扱う仲卸業者。長年、移転反対運動に携わる/Y=加工水産物などを扱う仲卸業)

*  *  *
──「盛り土」がなされていなかった問題を、皆さんはどう思われましたか?

関戸:東京都は築地を豊洲に移すためなら、何でもする、どんなウソでもつくということは体験していたんですが、都という組織がここまで腐っているとは驚きました。

X:問題が発覚するついこの間まで私たちは、盛り土がされていると思っていたんですよ。

Y:都はこれまで「安全性に問題ない」「日本でも有数な高度の対策をとっている」という説明を繰り返していた。移転推進派の仲卸業者は「都が大丈夫って言っているじゃないか」という意見で、内心おかしいと思っている人がいても、技術的なことなんて我々にはわかりませんでした。

村木:この問題が出る前から俺は知ってたよ。建物の下にトンネルみたいなのがあって、そこに水がたまってて臭いっていうのは。噂話で。ただ、都の職員に質問しても「設計図どおりです。ホームページ見てください。安全です」と冷たい対応で、確認しようがなかった。半分あきらめムードになっていた。もっとひどい噂だってあるよ。

関戸:地下の空洞については私も噂を聞いていました。あそこは地下から出てきて気化したベンゼンをためて、排気ダクトで抜くシステムになっている。そのためにつくった空間だと。都庁の職員は真相を知っているはずですよ。

X:今回も、都議会公明党が地下空間の水を独自に調べてもらったら、都の検査では出なかった有害物質のシアンが検出された。もう都を信用できないですよ。

村木:本当に隠蔽(いんぺい)体質ですよね。都庁の職員が言うことは、公務員だからと信用してきたけど、ウソをつくとわかってしまった。

Y:これまで2年間行ってきた土壌のモニタリング検査も、どこまでデータが本当だったのかという疑問が湧いてきます。行政から一方的に説明されてきたものの信頼性がなくなって、今後、都との対話をどうやっていったらいいのか。

──豊洲はトラック中心の大規模物流に対応した最新設備だという話も聞きますが、実際はどうなんですか。

村木:本当に大型物流によいのか疑問です。築地は市場の外を道路で囲まれ、出入り口もたくさんあるのに、豊洲は市場内が幹線道路で分断され、出入り口も少ない。設計者はデータ不足というか研究不足というか、ちょっとダメなんじゃないかと思ってしまう。

Y:当初のコンセプトとしては「広くなる、安全になる、物流もよくなる」だったんでしょうが、あの土地に合わせてやってみたら、言うほど物流もうまくいかなかった、ということでは。事前にターレーを入れて大規模な物流実験をやるべきなのに、まだ中も全部見せてくれないですから。

──現在のところ移転時期の見通しは立っていません。この問題の「落としどころ」はどう考えますか?

関戸:私はこれまで移転に「慎重派」という立場でした。ただここまで汚染の話がクローズアップされて、だいぶ環境が変わってきた。市場の使い勝手が悪いという問題は我々の段階の話ですが、土壌汚染となると安全にかかわる話で、お客さんが黙っていない。

Y:豊洲には行くべきではないと思います。ある仲卸業者は、顧客の弁当屋さんから「豊洲に行くならお宅から仕入れないよ」と言われたとか。移転を決めても、汚染問題による風評被害はもう避けられない。市場中が団結して、大反対運動をすべきです。

X:私も、風評を考えたらもう豊洲は無理だと思います。築地をその場で再整備するか、過去に候補地に挙がっていた晴海埠頭(ふとう)に移すという手もあるでしょう。晴海は約30ヘクタールで豊洲の40ヘクタールよりも狭く、周囲を埋め立てて広くするために巨額の予算がかかることがネックだったと聞いていますが、今の築地は約23ヘクタール。立体化などの工夫をすれば、埋め立てをしなくても十分使えますよ。

Y:水産市場の上に青果市場をのっけちゃえばいい。豊洲のように水産市場自体を立体化されると動線がきついが、水産と青果のそれぞれのフロアが平らならば、立体化で問題ない。仲卸業者も昔より減っていて、多少狭くても大丈夫です。

X:実際、過去に都議会民主党(当時)の議員がそういう代替案を提唱していた。築地再整備がA案、晴海がB案と。現実味はあります。

──とはいえ、完成した豊洲市場には、約2700億円と巨額の建設費がかかっています。

関戸:一部の報道にあるように本当に不正や談合が行われていたならば、その人たちに責任をとってもらうべきではないですか。

村木:風評というのは消えないですからね。食品関係は難しい。

X:物流業界には豊洲を欲しがっている企業もあると聞きますが。

Y:でも、倉庫で使うにしても耐荷重や耐震性を疑問視する報道もされている。公共施設がいいのでは。市場博物館とか(笑)。

──ところで、皆さんから見て都庁の役人はどんな存在なんですか。

関戸:前例踏襲をものすごく大事にする。担当部署の3代前までの先輩が決めたことは覆さないという不文律がある。あくまで築地から豊洲に行かせるという大命題があって、実際に市場を使う我々の意見は全然聞かないから、こうなってしまった。

Y:彼らは「市場のプロ」であるべきなのに、実際は現場のことを全然知らないですよ。幹部も職員も数年の人事異動で変わっていくから、状況把握ができていない。市場内に移転についての都の相談室があるんですが、こちらが質問してもメモするだけで、「とりあえずわかりました」という感じで後日、回答もしない。あそこに行ってもしょうがない、というのが周囲の皆の意見です。

X:市場一筋のプロパーの職員というのは、私たちの交渉相手を見る限りほとんどいないですね。

村木:だからプロジェクトに一貫性がない。10年以上前、僕ら仲卸業者が一軒ずつ都の事務所に呼ばれて、移転についての意向調査が行われた。その時の都幹部の説明は「一店舗が広くなって仕事がしやすくなります」「交通アクセスはまだ時間がありますから、全部整えます」と。ところが実際は店舗は狭くなり、アクセスも不十分なまま。その後の説明会で「お前らウソつきじゃないか」と言ったら、職員は黙っちゃった。

──仲卸業者の中にも移転推進派がいるようですが。

Y:よく築地市場協会の伊藤裕康会長や、水産仲卸業者でつくる東京魚市場卸協同組合の伊藤淳一理事長らがテレビに出ますよね。彼ら幹部が推進派だから、業界内ではそちら側の声が大きいと思われちゃうんですが、人数の上でのバランスは全然違う。本気で推進派の業者なんて、私はほとんど知らない。

X:昨年、仲卸業者を対象に行われたアンケートでも、過半数が移転延期という意見でした。

村木:私のところも従業員を抱えていて、11月に移転決定と言われたら準備もしなくちゃならない。それをもって推進派と言われてしまうこともあった。

Y:本音は移転反対の人がほとんどですよ。皆、これまでものすごく頑張って反対してきたんですが、東京都にはね返され、政治家にも頼んだけど駄目になった。舛添要一前知事も何もしてくれない。何を言ってもしょうがないという感覚だったんです。小池知事がアクションを起こしてくれて、ようやく元気が出てきた。

関戸:小池さんには期待していますよ。知事就任後、豊洲の問題について直接説明する機会がありましたが、僕たちの意見を聞いてくれる姿勢を感じました。

村木:都庁の役人は話を聞いてくれないけれど、トップは聞いてくれる。知事がやりやすい環境をつくらないとね。世論調査では、70%の人が五輪よりも食の安全が大事だと答えた。都民はバカじゃないよ。

X:やっぱり小池新党をつくって、与党をこちら側につけたい。移転に絡んで悪さをしていた人たちを引きずり出さないと。

関戸:魚の目利きと同じで、僕たちはその人の目を見れば誰が悪いかわかりますからね(笑)。みんな、これからが正念場です。

※週刊朝日 2016年10月7日号