リオデジャネイロ五輪のレスリング女子48キロ級で金メダルを獲得した登坂絵莉(東新住建)が9月12日から3週間、母校の富山県高岡市立南星中で教育実習を行っている。教科は保健体育で、クラスも担当している。生徒によると、マット運動の難易度の高い技でも手本を見せてくれるとか。“登坂先生”は金メダル級の指導力を発揮しているようだ。

 登坂が主に担当するのは3年生女子のマット運動。指導教官である新田公代教諭について7回の授業を受け持つ。長さ6メートルのマットを縦に2枚つないだスペースで五つの技を発表することを最終課題とし、生徒それぞれが構成や技のつなぎを考える。登坂は、練習する過程を見守り、見本を示したり、補助したりしながら指導する。

 21日に行われた4回目の授業は、五つの技をどう組み立てるかに主眼が置かれていた。「オリンピックで体操、見ていたかな? 大技は最後にやるよね。どうしてだろう?」と尋ねて、生徒に考えさせる。身長152センチなので、生徒を見上げて声を掛ける場面も。目を見て話し、辛抱強く答えを待つ。生徒の視線を一身に集めて授業を展開した。

 動き出すと、金メダリストのオーラとパワーは全開だ。背中に「JAPAN」の文字を背負う“登坂先生”、きびきびとしてカッコいい。笛を吹いて生徒に集合をかける姿も様になっている。倒立前転に挑戦する生徒の横に立ち、腕に力こぶを作って脚を支える。「よっしゃ!」「もう、ちょい!」と元気いっぱいだ。

 当然ながら生徒から「お手本を見せて!」と声がかかる。登坂は柔軟性が高く、技が正確なのはもちろんのこと。難しい姿勢を取りながらゆっくり動き、動作を分解して見せる身体能力がある。「さすが金メダリスト」と思わせられた。倒立前転をリクエストし、“超スロー”で見た生徒は、目を丸くして驚く。「全身がばねみたい。筋肉がすごい」。演技後は大きな拍手が起こった。

 思春期まっただ中の中学3年生、いろんなタイプがある。「先生、見て、見て!」と敬語を使わずに話しかけてくる生徒には、「分かったよ」と友達のように接する。休み時間に、勇気を振り絞って質問してくる内気な生徒もいた。「レスリングをしていてよかったと思ったことは何ですか?」と聞かれ、「吉田沙保里さんに会い、学べたこと。応援してくださる方に素直に感謝できるようになったよ」と真摯に答えている。“登坂先生”は、懐深く飛び込んでくる生徒を、がっちり受け止めているようだ。指導に当たる新田教諭も「生徒の思いを感じる力を持っている。我慢強い」と感心する。
 
 南星中の関係者によると、昨年秋に登坂本人から教育実習の依頼があったという。当時、リオ五輪出場は、まだ決まっていなかった。登坂が希望する時期は五輪が終わった後の9月。同中では本来なら5、6月に教育実習生を受け入れているが、日程を調整して対応した。

 登坂は同中を卒業して以来、親元を離れて、愛知県の至学館高、至学館大と進んだため、「教育実習はぜひ故郷で」という思いが強かった。金メダル獲得を祝うパレードや祝勝会などが続く中で教案を作り、教育実習の準備を進めてきた。

 リオ五輪での金メダル獲得から約1カ月、あいさつ回りや祝勝イベントで忙しく、目まぐるしい日が続いている。生徒と給食を食べたり、休み時間におしゃべりしたりするのがひと息をつける時間なのかもしれない。“登坂先生”に教育実習の感想を聞いてみた。

「指導していると、力が入っちゃいます。『あと、少しでできそうだな』と思ったら、熱くなってしまう。後輩に教えるみたいにガンガン言い過ぎたと思って反省し、少し離れて見ていると、ちゃんとできるようになってくれたりもする。いつか指導者になるためのいい経験をさせてもらっていると思います」(登坂)

 30日に教育実習を終えた後は、レスリング漬けの日常が待っている。痛めた左脚の様子を見ながらではあるが、1日には名古屋市内で練習の予定だとか。二つ目の五輪金メダル獲得を目指し、2020年東京五輪への歩みが始まる。(ライター・若林朋子)