香川真司は大丈夫か?

 それが今回依頼された原稿テーマだ。

 ドルトムントでの香川は出場機会が乏しい状況が続いている。現地9月27日のチャンピオンズリーグ、レアル・マドリー戦は先発どころかベンチ外。さらに日本代表でも、不振のやり玉に挙げられている。

 一体、香川になにが起こっているのか。状況を打破するために必要なことは――。

 そんな論争が巻き起こっているわけだが、実際のところ、香川という選手の本質は変わっていない。

 ドルトムントは昨季から主力の入れ替わりがあった。香川にとっていい相棒だったイルカイ・ギュンドアンが移籍し、マリオ・ゲッツェ、ラファエル・ゲレイロがライバルとして加入。戦い方の変化のなか、ポジションを失っている現状だろう。結局、その試合勘の鈍りが代表でのプレーに暗い影を落としている。代表はチーム戦術そのものが不具合を起こしており、香川一人だけの責任ではないのだが・・・。

 そもそも、香川は一人の力で打開するタイプではない。周りの選手と流動的に関わることで、強い魅力を放つ。過去にはマンチェスター・ユナイテッドのデイビッド・モイーズ政権で、個の力やフィジカルが"強要"され、本来の力を発揮できなかった。あくまで、コンビネーションの中で生きる選手なのだ。

 リーガ・エスパニョーラの古豪レアル・ソシエダで強化部長など様々な役職に就いたミケル・エチャリは、筆者との共著「日本サッカースカウティング127選手」で、香川について興味深い考察をしている。

「香川の長所はたくさんあるが、第一には『プレーの連続性』だろう。イマジネーションが豊かなだけに決してトライをやめず、たくさんの"未来視"の中から最善のプレーを選択できる。たとえ失敗しても、思考と運動が絶え間なく続くことでマーカーを困惑させるのだ」

 「プレーの連続性」や「未来視」という表現は、香川を読み解く鍵となりうる。

 ドルトムントでは、彼自身が連係を深める前にゲッツェ、ゲレイロの二人が噛み合い、活躍の場を失っている。エムレ・モル、クリスティアン・プリシッチのような切り込む力もなく、攻撃陣では8番手に落下。代表でも、両サイドの選手が極端に中に入ってスペースを埋めるため、香川は"渋滞に巻き込まれた。無論、それを解決する力が求められているのだろうが…。

 香川は今も昔もプレーセンスに溢れている。様々なプレービジョンは舌を巻く。彼には“未来の映像”が見えているのだろう。しかし、それは他者との高度な共存で成り立っている。わずかな狂いが、大きな乱れを生むのだ。

 本来のプレーを取り戻すには、香川本人がそのズレを調整するしかない。(文=スポーツライター・小宮良之)