白鵬の10年ぶり休場で始まり、綱獲りを期待された稀勢の里も早々に2敗して、どうなることかと思われた大相撲9月場所。間隙(かんげき)を縫うように初優勝を飾ったのが何とカド番大関・豪栄道(30)。想定外の展開で盛り上げたが、もう一人、場所を大いに沸かせたのが終盤まで優勝争いに絡んだ遠藤(25)だ。

「当たりも強くなってるし、土俵際で残せてますから下半身の踏ん張りが利いてるってことで、復調してますよ。すごく勝ったように見えるかもしれないけど、彼の実力で、あの位置(前頭14枚目)でなら当然の結果でしょう」(スポーツ紙デスク)

 初土俵から新入幕まで史上最速の3場所で、髪を伸ばしてまげを結うのが間に合わなかったほどのスピード出世だった遠藤。ザンバラ髪とイケメンぶりが相まって人気が爆発し、今や連日満員御礼が続く大相撲人気の立役者だった。が、昨年の3月場所で、左膝前十字靱帯(じんたい)損傷、同外側半月板損傷という大けがを負ってしまう。

 その場所こそ残り9日間休場したものの手術はせず、5月、7月、9月、11月の本場所も休まずに出場し続けた。無理がたたったか、今年の1月場所では古傷を悪化させて途中休場し、3月場所では十両陥落。1場所で復帰し、7月場所では前頭6枚目まで番付を戻したものの、痛みの再発で3勝12敗どまり。

「無理して出場してるから故障が長引いて古傷化してるわけで、休んでシッカリ治せばいいのに、と思われるかもしれませんが、彼は看板力士。師匠の追手風親方(元幕内・大翔山)にしても、本人にしても、休場できない、という日本相撲協会の空気は感じているはずです。こんなお相撲さんは若貴以来、と言っていいくらい。だからこその苦労ですよ」(前出デスク)

 早くから永谷園というスポンサーがつき、ハングリーさがないとの指摘もあるが、ここにきて“永谷園効果”もあるらしい。

「飯を食ったあと、最後はお茶漬けにして流し込んでるそうで、それが体重増につながっている(笑)。本人は場所中、『先場所の成績が成績だったので、悔しい思いを忘れずにやっている』と言ってましたが、あのイケメンぶりに似合わず地道に四股を踏んで、努力してるんですよ」(担当記者)

 今場所の好成績で番付が上がる11月場所。まさに真価が問われる。

※週刊朝日  2016年10月7日号