日本ハムが最大11.5ゲーム差からの大逆転優勝を飾ったパ・リーグ。セ・リーグも巨人がDeNAとの2位争いを制し、10月8日から始まるクライマックスシリーズ(CS)の組み合わせが確定した。ノンフィクションライター・渡辺勘郎が下位チームの下克上の予感もあるCSの見どころを聞いた。

*  *  *
 現役時代は巨人のV9捕手として、指導者としても黄金時代の西武の監督として数多くの日本シリーズを経験し、短期決戦の戦い方を知り尽くす森祇晶氏(79)はこう解説する。

「1点を取るのも、1点を守るのも大変なのが短期決戦。1点の重さを感じる戦いです。バッティングは水物ですからポイントは投手起用。特に2勝すれば勝ち上がれるCSのファーストステージ(以下1st・st)では、いい投手が2人いれば有利なのは間違いありません」

 短期決戦の投手起用で監督に求められるのは“見極め”だという。

「相手チームの調子より、自チームの個々の選手を把握し、調子のいい選手を出し惜しみせずに起用できるか否か……。相手が押せ押せになって受け身になったら、監督に継投の決断が求められます」(森氏)

 監督が最も非難されないのは、エースを起用して代えないことだそうだが、

「いいピッチングをしていても、相手打線とタイミングが合ってきたらスパッと代えられるか、なんですよ。負けたら終わりの短期決戦で、監督がそういう勝負ができるか。CSではそのあたりに注目してください」(同)

 もっとも、森氏はCSに反対だという。

「メジャーリーグのポストシーズンはよく考えられた合理的な制度ですが、3位の、5割そこそこの勝率のチームが勝ち抜いて日本シリーズに進出する可能性があるCSは、ペナントレースの価値をあまりにも軽んじています。ルールの中で戦わないといけないから、こんなことを言っても仕方ないのですが、現場の選手のことを思うと言わずにはいられないんですよ」

 2位・巨人の本拠地、東京ドームで行われるセ・リーグの1st・stで先発が予想されるのは、巨人が菅野、マイコラス、田口、DeNAが井納、今永、石田。CS初進出の勢いがあるDeNAは筒香、ロペス、梶谷の主軸が巨人戦の打撃成績がよく、下克上の可能性が高い、と評する声が多い。

「ラミレスは現役時代のイメージとは違うデータ魔の監督で、場面によってはダブルスチールとか積極的な采配をし、相手との相性を考えて選手起用をします。一方で、選手の長所を見抜き、一回一回の結果で判断しないので選手が納得できるから、ベンチがいいムードなんですよ。

 対する巨人は相手チームから『何かやってくる、という怖さがない』と言われています。打てないと村田コーチが『バットを短く持ってコンパクトに』と、プロとは思えないことしか言わない(笑)。鈴木尚を代走に出したのに盗塁させずに送りバントをしたりして、高橋監督は勝負しない、と選手たちも思っていますからね」(ベテラン記者)

「昨秋から野球賭博問題で球界を騒がして原監督も辞めて……。巨人の選手は『今年は勝っちゃいけない』と思っているんじゃないかなぁ」(球界関係者)

「巨人が勝つとしたら第1戦に先発予定の菅野が日本ハムの大谷のような圧巻の投球を見せた場合でしょう」(スポーツ紙デスク)

 続くファイナルステージ(以下F・st)で待ち受ける広島の選手たちからは「DeNAのほうが嫌だ」という声が聞かれるとか。広島のネガティブ要素は、抑えの中崎が故障したことと、インターバルが開きすぎ、という点ぐらい。

「中崎はCSに間に合いそうです。広島は、どこか高校野球みたいに一生懸命さが伝わってくる。そんなチームが25年ぶりにリーグ制覇して追い風に乗ってますから、相手は戦いにくい。それと、今季限りで引退するのでは、という見方が専らの黒田は第3戦の先発が予想されていますので、お見逃しなく」(同)

 一方、パ・リーグで日本ハムが11.5ゲーム差を引っくり返せたのは、独走していたソフトバンクのペースダウンがあってこそ。何があったのか?

「主力にケガが重なったことはありますが、工藤監督が浮足立ったのは否めません。あれだけの戦力で、打順をコロコロ変えたのもそうですし、ひどいときはサインを出し忘れたとか。監督を見切ってしまった選手たちから“秋山(前監督)待望論”まで出ているそうで、求心力の低下が甚だしい」(スポーツ紙デスク)

 そんなソフトバンク相手に、直近の対戦でロッテは大敗していたが……。

「セ・リーグのDeNAと違って早々に“3位”を確定させたロッテはCSを意識した戦い方ができたので、あまり参考にならないでしょう。ロッテは1st・stで負けたことがないチームだし、選手たちは伊東監督に対して『ウチの監督は短期決戦に強い』と信頼を寄せています」(担当記者)

 ロッテは抑えの西野と中継ぎの大谷も故障から復帰し、1st・stでは石川、涌井、スタンリッジあたりの先発が予想される。

「故障中の柳田は1st・stでの復帰は無理らしく、ローテーションの中心だった和田の復帰もないようで、ソフトバンクは苦しいですよ。11.5ゲーム差を引っくり返され、さらに下克上をされたら工藤監督は辞任を口にせざるを得なくなるかもしれません」(スポーツ紙デスク)

 ただ、ロッテのCS上手は過去の話で、今のロッテの戦力で下克上は難しい、という指摘もある。“リアル神”と称するメディアまで登場した日本ハム・大谷とF・stで対戦するのは、どちらになるだろう。

「日本ハムは“二刀流の功罪”で、投打両面で大谷がいないと、というチームとなり、大谷への負担が大きすぎる、という懸念があります。ですが、振り返れば、新庄やダルビッシュという突出したスターが存在しても稲葉や田中賢介といった脇役が黙々と仕事して勝ってきた歴史があります」(ベテラン記者)

 日本一を競う権利を得るチームはどこか? セ・パともに目が離せないCSがいよいよ始まる。

※週刊朝日  2016年10月14日号