「ケガしている期間が一番辛かった。自分の中でもケガをした時点で今年は終わりかなとある程度覚悟していたんで…本当にトレーナーの皆さんが一生懸命やってくれたんで、早く復帰できて良かったです」

 9月28日のヤンキース戦でレッドソックスのア・リーグ東地区優勝が決定した直後、シャンパンを滴らせた上原浩治が発した言葉は実感がこもって聞こえた。

 メジャー8年目となった2016年。レッドソックスのセットアッパーは波乱のシーズンを過ごしてきた。前半戦は防御率4.81ともう一つの成績だった上原は、右胸筋の負傷で7月20日から戦線離脱。本人の言葉通り、「今季中のカムバックは容易ではない」という推測もボストンから聞こえてきた。41歳という年齢、今季いっぱいで契約切れという事情を考えれば、現役続行が危ぶまれる事態になっても不思議はなかっただろう。

 しかし、不屈のリリーバーは驚くべきスピードで9月5日にメジャー復帰。そして、さらに驚くべきことに、カムバック以降は11試合連続無失点とほとんど完璧な投球を続けてきたのである。

「このチームの鍵を握るのは上原だろう」

 先月末、ニューヨークでのヤンキースとのシリーズ中、「スポーツ・イスラストレイテッド」誌の記者はそう語っていた。

 同誌恒例のプレーオフ展望企画の中で、レッドソックスの注目選手として上原を取り上げるつもりだという。老舗雑誌のライターの言葉通り、予想外の復活を遂げた日本人右腕はポストシーズンでも重要な役割を担いそうである。

 今季のレッドソックスはチーム打率、得点、出塁率、長打率、OPSのすべてでメジャー1位という強力打線が売りもの。シーズン終了後の引退を表明したデービッド・オルティス、MVP候補のムーキー・ベッツらを中心とした破壊力は他に類を見ない。その一方で投手陣は万全とは言えず、特に抑えの切り札クレイグ・キンブレルは今季、1試合平均に換算すると5.1四球と、制球難に見舞われてきた。特にシーズン最後の3登板では、対戦した13人の打者のうちの6人を歩かせている。

 毎試合が総力戦のプレーオフでは当然のように接戦の連続となるもの。ブルペンの重要度は言うまでもなく、そんな中でクローザーの乱調は不安材料に違いない。キンブレルがこのまま“ノーコン病”を続ければ、常に安定したコントロール、コマンドを誇る上原に、より重要な場面が託されても不思議はない。

 あの伝説的な2013年秋———。レッドソックスが前年の地区最下位から一躍世界一にまで駆け上がった印象的なシーズンで、上原はプレーオフ通算13試合で防御率0.66と大活躍。快進撃の立役者の一人となり、ボストンの街ではヒーロー的な存在になったのだった。

 あれから3年が過ぎ、昨季も最下位だった名門球団は再びの奇跡を狙っている。今秋のMLBで歴史は繰り返すのか。そんなミラクルが再現されるとすれば、2013年同様、上原の働きは不可欠なものとなるはずだ。

 7月のオールスター以降、上原は14試合で13回1/3を投げて6安打無失点、15奪三振。特に驚異のスピードで故障からカムバックして以降の投球を見る限り、百戦錬磨の大ベテランが、10〜11月に再び全米から脚光を浴びることになっても驚くべきではなさそうである。(文・杉浦大介)