2018ロシアW杯アジア地区最終予選の第3戦が10月6日に埼玉スタジアムで行われ、日本は後半アディショナルタイムの95分に山口蛍の劇的な決勝ゴールが決まってイラクを2−1と退け、ホームで貴重な勝点3を手に入れた。

 「薄氷を踏む思いの勝利」とは、まさにこのことを言うのだろう。立ち上がりはスタメン平均年齢約23歳と若いイラクのロングボールと空中戦に押し込まれ、3分には左CKからポスト直撃のシュートを許すなど後手に回った。攻めてもロングパスは簡単にタッチを割り、ショートパスでもミスが目立った。CB森重真人が「ちょっと雑と言うか、繊細さがなかった」と振り返ったように、3本連続してパスがつながらない。これでは攻撃の形ができるはずもない。

 ようやく10分過ぎからパスが回り出し、26分に清武弘嗣のドリブル突破を起点にカウンターを仕掛け、最後は原口元気の技ありヒールキックで先制点を奪った。ただし、この日の日本はその後もカウンターでしかチャンスを作れなかった。ハリルホジッチ監督が「美しいつなぎが今日はなかった」と振り返ったように、遅攻になると岡崎慎司と本田圭佑、原口がイラクゴールに背を向けてパスを要求しても、タイトなマークを受けているため清武や柏木陽介はインターセプトからのカウンターが怖くてパスを出せない。時おり岡崎や本田の前線での動き出しはあったものの、MF陣やサイドバックの酒井宏樹とはなかなかタイミングが合わず、パスが来ることはなかった。

 そうして追加点を奪えないまま後半を迎えると、60分にはイラクが左FKからサード・アブドゥルアミールが頭で合わせて同点ゴール。9月のUAE戦に続いてFKからの失点だが、酒井宏の軽率なプレーで与えたFKでイラクは息を吹き返した。これで追いつかれた日本、ハリルホジッチ監督は67分に「柏木はボールを奪うところで疲労を感じていた。山口にはできるだけ高い位置でプレスをかけ、可能性があればシュートを打て」と、ボランチの山口を送り出す。結果的にこの采配が的中した。

 同点のまま迎えた95分のことだった。6分のアディショナルタイムに入る前からパワープレーのため前線に上がっていた吉田麻也へのクロスは左サイドに流れたものの、吉田がよく追いかけてマイボールにすると、そのプレーからFKを獲得する。清武のクロスはクリアされたが、跳ね返ったボールを山口がダイレクトボレー。右足から放たれた矢のようなシュートがイラクゴールに突き刺さり、劇的な形で勝ち越しゴールを奪った。ハリルホジッチ監督は「美しい勝利ではないが、勇気がもぎ取った勝利だ」と最終予選でのホーム初勝利に安堵の表情を浮かべていた。

 しかし、この試合を見た多くのファンは不安をいっそう募らせたのではないだろうか。所属クラブでの出場機会が少なく、移動もありコンディションがベストとは言えない岡崎と本田が、UAE戦の香川真司と同じように精彩を欠いていたからだ。これまで岡崎と本田は、日本が苦しい時にいつもゴールという結果でチームを救ってきた。しかしイラク戦の岡崎にはゴールの予感がまるで漂っていなかった。

 単なるコンディション不良なのか、それとも30歳という年齢からくる衰えなのか。前者なら時間が解決してくれるかもしれない。しかし後者の場合には早急に代役を見つけなければならない。岡崎の代わりは若手の浅野拓磨の成長を待つのか、それともベテランの大久保嘉人を再招集するのか。そして本田の後継者をどうするのか。10月11日のオーストラリア戦は、勝利を追及するのはもちろんだが、ベテラン選手の現在地を占う試金石となる可能性が高いかもしれない。

 それは、指揮官であるハリルホジッチ監督についても当てはまる。今回は山口の決勝点で“首の皮”がつながったに過ぎない。試合内容を見る限り、日本が成長しているとはとても思えない。それは前述したように主力選手のコンディション不良なのか、肉体的な衰えなのかは今後の試合を見守るとして、招集した選手と起用法の責任は監督自身が負うからだ。

 本田や岡崎、長友らは2010年のW杯以来の主力選手だが、どのタイミングで世代交代を図るのか。これがハリルホジッチ・ジャパンの今後を大きく左右するだろう。その重責を担えるのかどうか。オーストラリア戦だけでなくロシアへの道を指揮官は試されている。(サッカージャーナリスト・六川亨)