手あかのついた言いまわしではあるが、「好事魔多し」とは、まさにこのような状況を指すのだろうか。

 「休養もとれたので、コンディションは良い」「自信もついてきている」「トレーニングで追い込んでこられた」──楽天ジャパンオープンに臨んだ錦織圭は、大会前から好調さと自信を口にしていた。現に2回戦でも最高の立ち上がりを見せていたが、試合中に襲われた突発的なケガによって、途中棄権を余儀なくされた。

 2回戦の対戦相手のJ・ソウザは、過去の対戦こそないものの、ジュニア時代からプレーを見る機会も多かった同期選手。穴の少ないストロークと軽快なフットワークを軸に攻撃テニスを身上とする、言ってみれば、錦織と似たタイプのプレーヤーであった。

 そのソウザは世界5位の同期相手に、ペース配分など端から念頭にないかのように、試合開始直後から全力で立ち向かってきた。対する錦織もソウザのハイペースプレーに対応すべく、コート上で躍動する。バックハンドの鋭いストロークを広角に打ち分けて、相手を走らせてはオープンスペースにウイナーを叩き込んだ。逆に相手がイニシアチブを握る打ち合いでも、快足を飛ばしてボールをしぶとく打ち返し、やがては引き潮が満ち潮になるかのようにラリーの主導権を奪い取る。2ゲームを連取して迎えた第3ゲームでは、4度繰り返したデュースの末に、最後はドロップショットからロブにつなげる創造性溢れるプレーでブレーク。瞬く間にリードを3-0と広げた。

 ところがこの直後、錦織はベンチにトレーナーを呼びよせる。第3ゲームの最後のポイント中に、左臀部に走った痛みが理由であった。コート上で治療を受け、そのままプレーを続けるが痛みが消える気配はない。最終的にはゲームカウント4-3となったところで、自ら棄権を申し出た。

「急に来た痛みなので、まだ受け止められていない」

 試合後に錦織は、茫然として語る。その後に受けた医師の診断結果は、左臀部の筋肉の軽度の肉離れ。「最低10日間の休養と十分なリハビリが必要」であり、出場を予定していた来週の上海マスターズ欠場も決断した。

 シーズンも終盤戦に差し掛かるこの時期のケガとなれば、疲労の蓄積が真っ先に原因として思いつくところだ。現に今大会でも、第1シードとして出場予定だったスタン・ワウリンカが腰の痛みのために欠場。主催者推薦枠を得ていたホアンマルティン・デルポトロも、体調不良で来日がかなわなかった。加えるなら世界1位のノバク・ジョコビッチも、疲労のため今週北京で開催中のチャイナ・オープンを欠場。多くの大会への出場義務が発生し、出た大会では勝ち上がるため必然的に試合数が増える上位選手たちほど、今は疲労やケガとの戦いを強いられている。

 ちなみに先週末時点での今季の試合数(シングルスのみ)は、ジョコビッチが56勝6敗の62試合、ウィンブルドンおよび五輪優勝者のアンディ・マリーが55勝9敗の64試合で、先の全米優勝者のワウリンカは42勝13敗の55試合。そして錦織が、51勝15敗の66試合。上位4選手を上回る試合数であり、トップ10選手の中でも錦織は、10位のドミニク・ティームに次ぐ2番目の試合を戦ってきたのだ。錦織本人は、今回のケガはあくまで突発的なものであり、今夏の過酷なスケジュールとの関連性は「全く分からない」と言う。だが腰の痛みは感じていたため、「もしかしたら、それが関係しているのかも」とも振り返った。

 上海を欠場する錦織だが、その翌週のスイス・インドア、そしてレギュラーシーズン最後の大会となるBNPパリバ・マスターズは出場予定。彼が今なお大会出場に──つまりはランキングポイント獲得に──執念を燃やすのは、シーズン上位8選手のみが立つことができる、「ATPツアーファイナルズ」出場を確実にしたいがためである。錦織の現在の“レースランキング”は5位。既に上位3選手は出場権を獲得しており、錦織もあと500ポイントほど上乗せすれば当確ラインへと駆けこめる。9位以下の選手とは1500近くのポイント差があるとはいえ、精神的に楽になるためにも、早めに自力で8人枠の一つを確保したいというのが本音だろう。

 上海欠場を決めた錦織は、すぐにフロリダ州の自宅へと戻り、リハビリに励む予定だという。シーズン最後の戦いに向け、今こそが正念場かもしれない。(文・内田暁)