プロ野球は、クライマックスシリーズ(CS)のファーストステージを終えた。セ・リーグは、CS初出場のDeNAが、2勝1敗で巨人を下した。セでレギュラーシーズン3位チームの勝ち上がりは、2013年の広島以来4度目。勝率5割以下のチームが勝ち上がったのも、同年の広島以来2度目となった。

 DeNAの若さが、ベテランが主軸を張る巨人を飲み込んだ。第1戦は、梶谷隆幸、ロペス、筒香嘉智が本塁打の揃い踏み。レギュラーシーズンから、このカードでは「3試合連続」で同じ3人がアーチをかけた。第2戦は、DeNAがポストシーズン史上初となる新人バッテリー(今永昇太−戸柱恭孝)を起用したが、巨人の坂本勇人が同点弾、決勝点につながる二塁打を放つなど奮闘し、1勝1敗のタイに持ち込んだ。

 第3戦は延長11回、セのCSでは史上2番目に長い、4時間21分の決着となった。DeNAは1回表に梶谷が死球を受けて退場すると、続くロペスが先制2ラン。巨人は1回裏、阿部慎之助の2ランで同点に追いついた。2回表、DeNAが梶谷の代わりに入った関根大気の犠飛で勝ち越すと、6回には前の打席で膝に死球を受けた村田修一が同点本塁打。死球を与え合いながらも遺恨の要素は感じさせず、それでいて意地がぶつかり合う好ゲームは、延長に入った。

 意外な男が、決勝点を奪った。11回1死二塁、8回に代打で出場していた控え捕手の嶺井博希が、左翼フェンス直撃の適時打。プレーオフ、CSにおける捕手の勝利打点は13年嶋基宏(楽天)以来だが、途中出場した捕手のV打は史上初めてだった。

 巨人はエース菅野智之が体調不良で、登板できずじまい。先発のベテラン内海哲也を2回途中であきらめ、早々に継投策に出たが、11回に澤村拓一が足に打球を受けて降板。最後は田原誠次が力尽きた。

 12日から広島とDeNAのファイナルステージが始まる。今季の対戦成績は広島の13勝12敗。打線は、このカードでのチーム打率は6厘差(広島.261、DeNAが.267)、本塁打が1本差(広島26本、DeNAが27本)、安打数は同じ230本。ほぼ互角だ。このカードの投手力は、広島が防御率4.08、DeNAが3.17。奪三振は広島が168、DeNAが185と若干リードしている。ただし、DeNAは3勝1敗の今永昇太、3勝3敗の井納翔一、2勝0敗の石田健大と、広島から複数勝利を挙げている3人をファーストステージで使ってしまっている点がネックとなる。また、広島はジャクソンと中崎翔太の救援コンビが、11試合を投げて無失点と好相性だ。

 レギュラーシーズンの勝率が5割未満のチームがファイナルステージを勝ち上がり、日本シリーズに出場したことはないが、DeNAは歴史を塗り替えるか。それとも、2位巨人に17.5ゲーム差、3位DeNAに19.5ゲーム差と、ぶっちぎりの優勝を飾った広島が貫禄を示すか。(文=日刊スポーツ・斎藤直樹)