2018ロシアW杯アジア地区最終予選の第4節が10月11日に行われ、敵地メルボルンでグループB首位のオーストラリアと対戦した日本は、開始早々の5分に原口元気のゴールで先制したものの、後半立ち上がりの53分に今度は原口がPKを与えてしまい、これをミレ・イェディナクに決められ1−1の引き分けに終わった。オーストラリアは2勝2分けの勝ち点8、日本は2勝1分け1敗の勝ち点7で、試合終了の時点では暫定2位に浮上した。

 日本が現地入りした翌日の8日、エースFWの岡崎慎司は全体練習に合流することなく、ピッチでトレーナーとマン・ツー・マンでストレッチを繰り返していた。翌9日はピッチに姿を現すことなく、ホテルのジムで調整。ピッチに戻ったのは10日の前日練習で、フルメニューをこなすと「今日、がっつりと練習した方がいいと思い、今日にかためました。80〜90%(の状態で)できると思うし、スタメンで行けと言われたら行ける」と復活をアピールした。

 とはいえ丸2日間、ボールを蹴っていないため、スタメンは非現実的だ。かといって残るFW陣は代表経験の浅い浅野拓磨と小林悠しかいない。必然的に岡崎の代役は2012年10月のブラジル戦以来となる本田圭佑の“0 トップ”にならざるを得なかった。右MFに小林をスタメン起用したのは、俊足FWの浅野をジョーカーとして残しておきたかったからに他ならない。清武弘嗣に代わって香川真司をスタメンに送り出したのは意外だったが、疲労を考慮してのことだろう。ハリルホジッチ監督は今いるメンバーで“最適”の11人をピッチに送り出した。

 結果は、「勝てた試合」だったし、「負けなくて良かった」とも言える試合だった。まず前半は、オーストラリアの慢心に救われた。過去のオーストラリアは、パワーと高さを生かしたプレースタイルだったが、現在チームを率いるポステコグルー監督が就任してからは、パスをつなぐポゼッションスタイルへと変貌し、昨年のアジアカップでも優勝した。このため前半は日本陣内でFKを獲得してもすぐにパスをつないでプレーを再開するなど地上戦を展開。日本にとっては直接クロスを入れられ空中戦に持ち込まれる方が嫌だったはずだ。

 そして開始5分、高い位置で相手のパスミスを原口が拾い、長谷部誠、本田、原口とつないで先制点を奪う。アシストした本田が「ぶっつけ本番(の0トップ)で、あのパスを出せたのは正直ホッとしている」と自画自賛したプレーでもあった。このシーンに限らず、前半は「相手にわざとポゼッションさせて、点を取ることにした」(ハリルホジッチ監督)と相手のポゼッションスタイルを逆手に取っての攻撃が機能する。前半29分に本田が至近距離からのシュートを決めていれば理想的な展開だったし、75分の小林のヘッドが決まっていれば「勝てた試合」だった。

 しかし、前半29分のプレーを境にオーストラリアが徐々に圧力を強めて日本ゴールに襲い掛かる。それでも32分にはGK西川周作が好セーブを見せ、原口と山口蛍らの体を張った守備などで前半を1−0とリードを保ったまま終了することができた。後半の日本のゲームプランは、リスクマネジメントをしながら追加点を奪うことにあった。ところが後半立ち上がりの53分にPKから同点弾を奪われ、プランはあっけなく崩れてしまう。

 この場面、ブラッド・スミスの左クロスをペナルティエリア右でトミ・ユリッチがトラップしたところに、原口がやや後ろから体当たりすると、巨漢のユリッチがあっさり倒れる。ハリルホジッチ監督は常々デュエル(球際の強さなど)を強調するが、激しいだけがデュエルではないだろう。そこにはPKを獲得するしたたかさも含まれているのではないか。オーストラリアはこのPKをキャプテンのイェディナクが確実に決めて同点に追いついた。

 試合はその後、オーストラリアの攻勢が続くが、日本は両サイドハーフの原口や小林はもちろん、本田も自陣ゴール前に戻って守備に参加。ホームで勝利が欲しいポステゴグルー監督が勝点3を目指してロビー・クルーズ、ティム・ケーヒル、マシュー・レッキーと次々に攻撃的なカードを切ったのは当然だ。対するハリルホジッチ監督は疲れの見えた小林と本田に代え、終盤に清武と浅野を投入。浅野には守備だけでなくカウンターを期待しての起用でもあった。

 そして同点のままアディショナルタイムに入って最後の交代カードは原口に代えてDF丸山祐市を起用。指揮官は5バックにするのかと思いきや、これが代表デビュー戦となった丸山を左MFに起用。その狙いは「(相手の)FK(対策)のためのチョイス」だった。イラク戦での劇的勝利を教訓に、原口を残すのではなく、守備固めを選択した。勝点1を確実にする采配には賛否両論あるかもしれないが、アウェイでは当然の策と言っていい。

 シュート数は公式記録がないため判明しないが、決定機の数ではオーストラリアを上回った。しかし、それを決められなかったのも事実である。もしも相手DFのパスミスがなかったら、日本の先制点は生まれていなかったかもしれないが、試合内容からして日本の負ける要素は少なかった。2011年のアジアカップ以来、これでオーストラリアとは6戦して3勝3分けと相性は決して悪くない。だから今回も、「負けなくて良かった」と思う。

 なぜなら負けた瞬間、ハリルホジッチ監督の進退問題が再燃する可能性が大だからだ。首位のオーストラリアに勝っていれば一息つけたものの、ドローでは11月のサウジ戦でも“綱渡り状態”が続く。「勝てる試合」をすんなり勝ち切れないのが日本代表の“不思議”ではあるが、4試合を終えての収穫は、原口が覚醒したことと、本田の0トップはオプションとして有効だということ。11月のサウジアラビア戦はこれらを踏まえて海外組と国内組の選手選考が気になるところだ。(文=サッカージャーナリスト・六川亨)