悪夢の3回裏というべきだっただろうか―――。現地時間10月10日に行われたMLBナショナル・リーグの地区シリーズ第3戦で、ロサンゼルス・ドジャースの前田健太はメジャーでのプレーオフ初先発を果たした。しかし、1−0とリードして迎えた3回、前田はナショナルズ打線につるべ打ちに遭ってしまう。

 この回、1番のトレイ・ターナーが中前打、2番のジェイソン・ワースが右翼線適時二塁打、4番のブライス・ハーパーが右前適時打、5番のアンソニー・レンドーンが左中間本塁打と中軸が爆発。一挙に4点を挙げたナショナルズが逆転し、そのまま8−3で逃げ切り勝利を収めた。この時点でナショナルズが2勝1敗とリードし、シリーズ勝ち抜けに王手をかけたのだった。

「ポストシーズン用のピッチングの考えはないです。初めから飛ばすことによって、良いピッチングができるかといったらそうじゃない。(日本時代に)何度か試したことがあるんですけど失敗したので、ポストシーズンでも、一発勝負でも、ペース配分は変わらない。先発ピッチャーとして全部全力じゃなくて、抜くところは抜くし、力を入れるところは入れるというのは変わらないです」

 登板前日、前田にプレーオフでのペース配分について尋ねると、詳細な答えが返ってきた。その言葉からは、日本でも多くの大舞台に立ったピッチャーらしい落ち着きが感じられた。だとすれば、この日の登板でも力を入れすぎて失敗したというわけではないだろう。

 アンパイアの判定が厳しかったという声もあるが、判定への対処も含めて実力のうち。初回にも2四球で満塁のピンチを招くなど、立ち上がりから不調を感じさせていた。それだけに、3回5安打4失点で早々とマウンドを降りることになっても、驚いたファンは少なかったのではないか。

「先発ピッチャーとして1年間投げられたというのは誇りに思いますし、特に今年はチーム事情でけが人が多かった。その中で離脱することなく投げられたのはチームのためにもなったし、自信にもなったので、良かったと思います」

 プレーオフでの登板前に今季を振り返った際、前田も自身の働きに満足そうな表情を見せていた。16勝を挙げただけでなく、本人の言葉通り、チーム内で唯一1年を通じてローテーションをキープ。メジャーデビュー前は耐久力に疑問が呈されていたが、シーズン中は投手陣を支え続けたことで高評価を勝ち得た。そして、そんな背景があったからこそ、プレーオフ初登板でブルペンを消耗させる結果になったことはなおさら残念に思えた。

 ただ……まだシーズンが終わったわけではない。後がない状況で迎えた11日の第4戦では、ドジャースは6−5で接戦に勝利。シリーズは2勝2敗となり、決着は13日にワシントンDCで行われる最終戦に持ち込まれることになった。

 第5戦は文字通りの総力戦。ドジャースは2番手の左腕リッチ・ヒルが先発予定だが、新人ホルヘ・ウリアスを始め、すべてのピッチャーが臨戦態勢を敷くことになるだろう。第3戦の内容を考えると前田のここでの登板は考え難いが、延長戦などの非常事態になればわからない。

 また、登板がないままドジャースが勝利した場合、前田は15日から始まるナ・リーグ優勝決定シリーズの第1戦という大舞台での先発が有力になる。

「今季のケンタは素晴らしかった。望まれたことはすべてやってくれたよ。スライダーが研究されたあとは、速球とチェンジアップをうまく使ってくれた。彼はメジャーリーグでの戦いにアジャストできたんだ」

 ヤスマニ・グランダル捕手がそう語っていたのを始め、アメリカでも即座の成功を手にした前田の適応の上手さは盛んに賞賛されてきた。

 経験とアジャストメント能力を備えた28歳のオールドルーキーは、プレーオフ初陣での今季最短3回KOという苦い敗戦を良薬にし、次の登板機会で雪辱を果たせるか。それが成し遂げられた時、前田のメジャー1年目は真の意味で大成功とみなされるはずなのである。(文・杉浦大介)