運命の「10・20」が迫る中、今年のドラフト候補生たちを再チェック。まずは好投手が揃う今年の高校生たちを紹介しよう。

 今年は計105人の高校生がプロ志望届を提出した。その中での注目は、下級生時から注目を集めていた寺島成輝(履正社)、高橋昂也(花咲徳栄)、藤平尚真(横浜)の「BIG3」に、今夏の甲子園優勝投手・今井達也(作新学院)を加えた4投手。いずれも150キロを超えるストレートを繰り出し、ドラフト1位候補として各球団がマークする逸材だ。

 寺島は投手としての完成度、総合力が高く、夏の甲子園では不完全燃焼だったものの、U‐18アジア選手権で最多勝&最優秀防御率に輝き、秋の国体初優勝で有終の美を飾った。寺島と同じ左腕の高橋は、落差のあるフォークが武器で夏以降は投球自体に粘りも出て来た。藤平は2種類のスライダーを操り、高い身体能力を含めたスケールの大きさは随一。今井には大学代表ですらキリキリ舞いとなった「低めに浮き上がる」ストレートがある。それぞれ性格は異なるが、共通するのは高い向上心。現時点では甲乙つけがたい「BIG4」の誰がプロ入り後に伸びるのか。スカウトの眼力が問われることにもなる。

 この4投手とともに、高校日本代表に選出され、U‐18アジア選手権での優勝に貢献して評価を高めたのが、投手では堀瑞輝(広島新庄)、打者では鈴木将平(静岡)の2人だ。堀は必殺のスライダーを武器にリリーフとしてアジア選手権MVP級の働きを披露。秋の国体ではチームを決勝まで導き、自己最速の150キロも計測した。今夏の甲子園不出場だった鈴木は、持ち前の打撃センスで侍ジャパンの3番打者として活躍。鋭いスイングで木製バットへも素早く順応し、俊足&外野守備も含めて高校球界ナンバーワン野手との評価。ともに上位での指名が予想される。

 その他の投手陣を見ると、最速153キロの快速右腕・島孝明(東海大市原望洋)、その島を上回る最速154キロを誇る高田萌生(創志学園)、同じく最速154キロに切れ味鋭いスライダーも操る“北の怪物”古谷優人(江陵)。さらに、高い能力を持つ本格派右腕の山﨑颯一郎(敦賀気比)、しなやかな腕の振りが魅力の大型左腕・高山優希(大阪桐蔭)、まだ荒削りだが高校1年秋の投手転向から最速149キロまで急成長した長井良太(つくば秀英)も上位候補。投打に高い能力を持つ藤嶋健人(東邦)、身長196センチで高いポテンシャルを持つアドゥワ誠(松山聖陵)なども指名を待っている。

 野手陣では、今夏の甲子園4強でパンチ力のある打撃に堅守強肩を併せ持つ松尾大河(秀岳館)、三拍子そろった大型遊撃手の三森大貴(青森山田)、長打力が魅力の石垣雅海(酒田南)と細川成也(明秀学園日立)らが候補。例年に比べて高校生野手の評価は高くはないが、捕手に限ると侍ジャパンの4番も務めた九鬼隆平(秀岳館)を筆頭に、坂倉将吾(日大三)、郡拓也(帝京)の東京コンビに、3度の甲子園を経験した古賀優大(明徳義塾)、「京都のドカベン」こと石原彪(京都翔英)と人材は揃う。球界全体として捕手不足が顕著なだけに、各球団の優先度は高くなるだろう。

 いずれにしても、心身ともに多くの伸びしろを残す高校生である。今後の将来性を見抜く力、そして球団の育成力が問われる。何を重視し、誰を指名するのか。夢を抱く高校生たちの“出発のとき”に注目したい。