運命の2016年プロ野球ドラフト会議が10月20日に迫る中、今年の候補生たちをチェック。第2回となる今回は、大学生、社会人の注目選手を紹介しよう。

 まず語るべきは、田中正義(創価大)である。大学2年の春にデビューして以来、150キロを超える剛速球を武器に大学野球界を席巻し、昨年6月のNPB選抜との壮行試合では7者連続を含む計8三振を奪って4回をパーフェクトに抑える圧巻の投球を披露。この時点で「全球団1位指名もあり得る」という圧倒的な評価を得ていた。

 だが、田中が右肩痛によって今春のリーグ戦での登板を回避したことで、ドラフト戦線は一気に混沌化。秋には復帰を果たしたが、高校時代にも右肩を痛めており、どうしても不安がつきまとうのが現状だ。それでも、10年に一人の逸材であることには違いない。田中を回避するのか、しないのか。各球団の判断にも注目が集まり、その部分も含めて今ドラフトの最大の目玉であることには変わりないだろう。

 その田中が故障している間に一気に評価を上げたのが、佐々木千隼(桜美林大)だ。スリークオーターから最速153キロのストレートを繰り出し、スライダーも一級品。今年7月に行われた日米大学野球選手権の開幕戦では、7回3安打、1失点、12奪三振の快投を演じ、さらに今年のリーグ戦で11年の菅野智之(現巨人)に並ぶ年間7完封を記録。即戦力投手が欲しい球団がドラフト1位候補として名前を挙げている。

 大学生ではもう一人、柳裕也(明大)もドラフト1位の有力候補になる。多彩な変化球で打者を翻弄し、ゲームを作る安定感は随一。東京六大学リーグで通算21勝という実績に加え、史上15人目となる通算300奪三振も達成した。大学代表でも主将を務めた人間力、精神力の強さもプロで戦う上で活きてくるはずだ。

 投手ではその他にも、瀬戸内高のエースとして甲子園を沸かせた山岡泰輔(東京ガス)が、社会人野球にもまれながら着実に力を伸ばし、ドラフト解禁となった今年は1位候補に挙げられるまでになった。

 さらに最速155キロ右腕の生田目翼(流通経大)、パワフルな投球が魅力の加藤拓也(慶大)、3年連続で大学代表に入った左腕・濱口遥大(神奈川大)、ストレートとフォークで三振を奪える小野泰己(富士大)、アマ球界最速の157キロを誇る中塚駿太(白鴎大)などの有力な投手もいる。社会人組では、久慈賞&若獅子賞をダブル受賞した酒居知史(大阪ガス)、最速150キロの実戦派右腕である谷岡竜平(東芝)なども各球団が熱視線を送っている。

 野手陣では、大学、社会人ともに遊撃手が豊富だ。攻守にスピード感あふれる吉川尚輝(中京学院大)は、広い守備範囲からの華麗なグラブさばきに加え、打撃センスも抜群。プロでも1年目からリードオフマンとして活躍できる力を持っている。京田陽太(日大)もそれに匹敵する力を持っており、日米大学野球選手権では「セカンド・吉川」、「ショート・京田」で二遊間を組んだ。社会人組では、源田壮亮(トヨタ自動車)の守備力は即一軍レベル。PL学園高出身の中山悠輝(東京ガス)も強肩強打の大型遊撃手としてドラフトの有力候補になる。

 スラッガーとして注目なのは、大学代表の4番・大山悠輔(白鴎大)だ。右打ちの大砲として高いポテンシャルを持っているだけでなく、安定した三塁守備に元投手らしい強肩も魅力だ。森山恵佑(専大)は左のスラッガーとして天性の長打力を持ち、松井秀喜氏と同じ星稜高出身ということもあって“ゴジラ2世”とも呼ばれる。長距離砲を求める球団は、上位で指名しておくべきだろう。

 高校生と違い、「即戦力」としての期待が大きい大学生&社会人。未来というには近すぎる1年後、2年後の球界のスターが、この中に必ずいる。