欧州サッカー界では現地時間の1月1日から31日までクラブ間の移籍市場が開き、水面下で慌ただしい交渉が行われている。

 注目されるのは、日本人選手の欧州移籍だ。

 2016年は、岡崎慎司(レスター/イングランド)がプレミアリーグ王者に輝いた。ドイツ・ブンデスリーガでは、長谷部誠がフランクフルトで新境地を示し、原口元気(ヘルタ・ベルリン)、大迫勇也(ケルン)、酒井高徳(ハンブルガーSV)も堅調な姿を見せる。フランスでは酒井宏樹(マルセイユ)、スペインでは乾貴士(エイバル)が主力としてプレー。内田篤人(シャルケ)が故障から復帰を遂げつつあり、武藤嘉紀(マインツ)も同じく復帰間近だ。

 日本人選手は相変わらず、その存在価値を示している。

 しかし、欧州移籍の流れは弱まりつつある。

 最近は山口蛍(C大阪)、太田宏介(FC東京)らが半年、1年で舞い戻っている。日本人選手に対する評価は下降気味。ミラン(イタリア)では出場機会がない本田圭佑が「不良債権」のように扱われ、長友佑都(インテル/イタリア)、香川真司(ドルトムント/ドイツ)、宇佐美貴史(アウクスブルク/ドイツ)もベンチに座る時間が長く、各国で名声を落としている。「評判」はレストランの口コミのようなもので、想像以上に交渉で影響するのだ。

 その証拠にJリーグのシーズンオフ、いくつかの欧州移籍の噂が飛び交ったものの、ほとんどは“煙”で終わるだろう。

 可能性のある選手は、柴崎岳(鹿島)、齋藤学(横浜FM)の二人か。どちらも強い海外志向を持つ。奇しくも、同じ代理人だ。

 柴崎はクラブW杯決勝でレアル・マドリー(スペイン)を相手に叩き込んだ2得点が、名刺代わりにはなるだろう。もっとも、技巧派MFは欧州で飛躍するにはポジションが見当たらない。ボランチでは非力、サイドではスピードが足りず、トップ下では密集した相手に脆さを見せる。三列目からフリーで持ち上がれたら、「魔法」が使えるのだが…。少なくとも、本人が希望するスペインでは厳しい。

 齋藤はドイツ、ベルギー、クロアチア、スペインなどの数クラブと交渉を進めている。今シーズンはJリーグの年間ベストイレブンに選ばれるなど、サイドアタッカーとして急成長。守備のタイミングをつかみ、中よりのスペースでタメを作り、決定的なパスも出せるようになった。なによりキレ味鋭いドリブルで自らマーカーをはがし、決め切れる力は強烈なセールスポイント。どの国でもやれるだけの力はあるだろう。あとは条件次第か。

 もっとも、冬の移籍は不調なチームがてこ入れする場合が多く、リスクは高い。欧州のシーズン開幕に合わせた夏に契約するほうがデメリットは少ないだろう。その点、鎌田大地(鳥栖)、大島僚太(川崎)、橋本拳人(FC東京)などリオ世代も、活躍次第で夏の欧州移籍があるか。

 いずれにせよ、欧州進出は日本サッカー発展のバロメーターになるだけに、その去就からは目が離せない。(文=スポーツライター・小宮良之)