スター選手の登竜門であり、一生に一度しか受賞できない最優秀新人賞のタイトル。昨季セ・リーグでは高山俊(阪神)、パ・リーグは高梨裕稔(日本ハム)が獲得したが、今季は果たして誰が選ばれるのか。まずはセ・リーグから予想してみたい。

 セ・リーグの新人王レースの本命は、柳裕也(明治大→中日)だろう。東京六大学通算23勝(8敗、防御率1.84)を挙げたドラフト1位右腕。コントロール、スタミナ、安定感で他候補を上回り、ストレートの球威こそ物足りない面はあるにしても、投手としての総合力は高く、プロ1年目からフル回転できる完成度の高さを持っている。チーム自体も先発陣の再整備が課題で、チャンスも多く与えられるはず。広いナゴヤドームを味方につけて2ケタ勝利を挙げ、中日球団として川上憲伸以来19年ぶりの新人王を狙う。

 対抗馬には、加藤拓也(慶應義塾大→広島)、吉川尚輝(中京学院大→巨人)の2人の名前が挙がる。前年度優勝チームに加わることになる加藤は、150キロ超の剛速球が武器の力投型右腕。先発もできるが、リリーフとしての適性の方が高く、1年目から1軍登板の機会はあるはず。勝利の方程式に入ることができれば一気に視界は開ける。過去の事例を見ると、2008年の山口鉄也(巨人)が67試合で11勝2敗2セーブ23ホールド、防御率2.32、12年の益田直也(ロッテ)が72試合で2勝2敗1セーブ41ホールド、防御率1.67の成績で新人王に選ばれている。彼らと同等レベルの成績を残すことができるか。ハードルは高いが、可能性はある。

 一方の吉川は、攻守にスピード感あふれる大学ナンバーワン内野手。50メートル5秒7の俊足と華麗な守備はすでに1軍レベルで、柔らかいバッティングも磨き甲斐がある。高橋由伸監督は新たな正二塁手として使いながら育てる算段。昨季の高山同様に、開幕からレギュラーに定着することが第一条件。それをクリアした上で、新人王候補の投手陣たちが成績を伸ばせなければ、一気に本命に躍り出ることになる。

 その他の候補としては、高卒1年目にはなるが高校ビッグ3の一角、ドラフト1位入団の寺島成輝(履正社高→ヤクルト)も可能性がある。すでに新人合同自主トレで抜群のスタミナを披露し、真中満監督も春季キャンプでの1軍スタートを示唆している。また、2位入団の星知弥(明治大→ヤクルト)も面白い存在。同じく投手陣では、小野泰己(富士大→阪神)、濱口遥大(神奈川大→DeNA)、床田寛樹(中部学院大→広島)といった大学・社会人出身者たち、野手陣ではセカンドのレギュラーを狙う俊足堅守の京田陽太(日本大→中日)、大学日本代表の4番・大山悠輔(白鴎大→阪神)らが虎視眈々と新人王を狙う。

 さらにプロ2年目以降の選手に目を向けると、投手陣では熊原健人(DeNA)、横山雄哉(阪神)、塹江敦哉(広島)、桜井俊貴(巨人)、望月惇志(阪神)、野手陣では近藤弘基(中日)、坂本誠志郎(阪神)、岡本和真(巨人)、廣岡大志(ヤクルト)らが新人王の有資格者(支配下登録5年以内で、投手30イニング以内、野手60打席以内)に当たる。特に望月は伸び盛りで、高卒2年目での先発ローテーション入りも十分に狙える位置にいる。開幕からブレイクできれば、2年連続で阪神球団からの新人王誕生も期待できるだろう。