スター選手の登竜門であり、一生に一度しか受賞できない最優秀新人賞のタイトル。昨季はセ・リーグが高山俊(阪神)、パ・リーグは高梨裕稔(日本ハム)が獲得したが、今季は果たして誰が選ばれるのか。候補者乱立のパ・リーグを予想したい。

 昨秋のドラフト会議で計5球団が1位入札した田中正義(創価大→ソフトバンク)、そしてその外れ1位で同じく5球団が指名した佐々木千隼(桜美林大→ロッテ)の両右腕が、パ・リーグの新人王レースでも主役になるだろう。

 投手としてのスケールの大きさを考えるならば、田中がやはり群を抜いている。最速156キロのストレートは重く、伸びる。問題は昨年痛めた右肩の状態だが、年明けからの調整ぶりを見る限りは心配なさそう。まずはチーム内の競争を勝ち抜くこと。12球団一の先発ローテに割って入り、その役割を1年間守ることができれば、打線の援護を背に2ケタ勝利は固いだろう。実力は間違いなくプロ一線級で、日本球界を席巻できる可能性も秘めている。“ケガなく”が、田中の新人王への最大のテーマになる。

 その田中の対抗馬となる佐々木は、春季キャンプからの調整で何事もなければ開幕からの先発ローテーション入りが濃厚だ。昨年の調子、状態は新人随一で、その勢いをプロの舞台に持ち込むことができれば勝ち星は付いてくる。まずは各打者との初対戦が続く最初の1カ月でどこまで白星を稼げるか。自らの実力を見せ付けてスタートダッシュを決めることが新人王への近道になる。

 第3の候補として挙がるのが、山岡泰輔(東京ガス→オリックス)だ。年齢的には田中、佐々木よりも一つ下だが、必殺のスライダーを武器に社会人野球で腕を磨いた。ただ、昨年のプロ球団との練習試合で打ち込まれた場面もあるなど、果たして「1年目から通用するのか」という疑問も残る。その意味でも春季キャンプからの調整、そして佐々木同様に最初の1カ月のパフォーマンスが大きな鍵を握る。

 その他では、若獅子賞右腕の酒居知史(大阪ガス→ロッテ)、191センチの長身から最速157キロのストレートを繰り出す中塚駿太(白鴎大→西武)、最速153キロのストレートにスライダーが武器の黒木優太(立正大→オリックス)らが候補。野手陣では、社会人ナンバーワン遊撃手の源田壮亮(トヨタ自動車→西武)、同じく安定した守備が魅力の石井一成(早稲田大→日本ハム)らが候補になるが、いずれも田中、佐々木に比べると格が落ちる。それならば、藤平尚真(横浜高→楽天)、今井達也(作新学院高→西武)といった大きな可能性を秘めた高卒ドラ1右腕の抜擢と飛躍に期待したいところだ。

 セ・リーグ同様、プロ2年目以降の選手(支配下登録5年以内、投手30イニング以内、野手60打席以内)にも新人王候補が目白押し。投手陣ではU‐23代表で好投した本田圭佑(西武)、昨季開幕2戦目に先発するもケガに泣いた近藤大亮(オリックス)、野手陣では昨季のドラフト1位・平沢大河(ロッテ)、今季5年目を迎える武田健吾(オリックス)らが有力候補になる。田中、佐々木が共倒れした場合は、2年目以降の“逸材”にスポットライトが当たることになるだろう。

 例年通り、今年の目標に「新人王」と記す選手が何人もいた。その中で誰が一生に一度のタイトルを掴み取るのか。はたまた、「新人王」とは一切口にしていないダークホースが突如として現れるのか。最も予想が難しく、だからこそ楽しめる新人王レース。今年もまた、新たなスター誕生の瞬間に立ち会えるはずだ。