「一番嫌いなもの、老人の愚痴。甘えの構造」

 辛口な発言の主は、埼玉県在住のミゾイキクコさん(82)だ。ツイッターは若者だけのものと思うなかれ。ミゾイさんは、アカウントを設けた2010年から毎日、何十回も投稿。今、ネット上で「ツイッターおばあちゃん」の愛称で親しまれている。フォロワー数は、実に7万5千人超え。そこらの芸能人より、はるかに多いフォロワー数だ。

「物事は感ずることが大事。感じれば考える」

「若い時に考えない人、年取ればなお考えない」

 自身の経験をもとにした含蓄のあるつぶやきは多くの人々の支持を集め、昨年末に書籍化までされた。ミゾイさんは言う。

「ツイッターのつぶやきは、日常の“茶飲み話”の延長。ツイッターによって、茶の間がぐんと広がった感じです」

 ミゾイさんがツイッターを始めたきっかけは、友人のイベント告知の手助け。費用いらずで効果的な告知法がないかと考え、ツイッターにたどりついた。

「ちょうど、60歳を過ぎた鳩山由紀夫元首相がツイッターを始めたころで、ならば75歳(当時)の私にもできるだろうと(笑)」

 最初は全く反応がなかったが、戦時中の生活ぶりについてつぶやき始めたところ、フォロワーの数がどんどん増え始めた。

「例えば“塩は統制品で貴重なものだった”とか、私たちの世代では当たり前だった昔の状況についてツイートすると、“そんなことがあったなんて知らなかった”と、若い人からの反応がありました」

 つぶやきは、驚きの声とともに拡散され、3カ月たったころには、当初10人にも満たなかったフォロワー数が5千人にまで増加。

「ツイッターって、すごいものだとびっくりしました」

 戦時中の話に加え、ミゾイさんのツイートで特に反応が高い話題が、男女、嫁姑問題だ。ミゾイさんの元には、日々多くの人々から恋愛の悩みや家庭内のトラブルなど、人生相談が持ち込まれる。

 例えば、ある40代主婦から寄せられた「結婚生活がうまくいかない」との悩みには、こう返した。

「どちらかが大人になって賢くならないと、結婚生活は続かない。“なんで○○してくれないの?”という考えは子ども。誰かにぶら下がるんじゃなくて、自分でできるように心をしっかり持つことが大事では」

 こうした相談の積み重ねが、自らの蓄えになり、世の動きを知ることにもつながるという。

「だから頂いた話は自分のものだけにせず、つぶやきという形で還元するように心がけています」

 高齢者問題をはじめ、日々のニュースに対する意見も積極的にツイートする。「発言しづらい空気が蔓延している今の世の中ですが、高齢者の私がバンバンつぶやくことで、“意見を言ってもいいんだ”と感じてもらえたら」

 ネットに付き物の、ネトウヨなど絡みがしつこく炎上させたがる人に対しては、「迷わずブロック」と対処法も徹底している。

「あいさつされたら返すし、悪口ばかり言っている人には近づかない。メッセージにはすべて返信するし、相手の思想信条に踏み込むような話題は、見ず知らずの人がいる場では控える」

 と、ツイッターも実社会のルールで行うのがミゾイさんのポリシーだ。

 昨年夫を亡くし、現在は一人暮らし。長年の介護生活から解かれ、今は1日5〜6時間はツイッターに費やし、SNS生活を満喫中だ。

「一日の大半を自宅で過ごしますが、ツイッターを通じて日本中、いや世界中の人々とつながることができる。ツイッターは、私の元気のもとです」

※週刊朝日 2016年10月7日号