結婚披露宴前の会見で記念撮影に臨んだ女優・藤原紀香の振り袖姿に「さすが!」と思った。指輪をした左手を前に出し、右肩を引いて左前身頃の大きな扇の柄がよく見えるように立っている。なかなかこうはいかない。しかし、和装初心者の花嫁の皆さん、ご安心を。360度どこから見ても美しい衣装があるとのこと。どんな工夫があるのか?

 着物は通常、重ねて上になる左前身頃に大きな柄がくるよう仕立ててある。そのため、右襟元に柄がない場合も……。花嫁を右側から写真を撮るとさみしい印象を与えてしまうことがある。しかし、結婚式の出席者たちは、お構いなしに四方八方からシャッターを切り、そのままSNSにアップされてしまう場合もしばしばだ。そこで「どの角度から撮られてもきれいに写りたい!」という花嫁の要望に応えて新たな色打ち掛けが考えられた。

 開発したのは、結婚式をプロデュースするNOVAREZE(ノバレーゼ、東京都中央区)と織物の老舗・龍村美術織物(京都市)。七宝と鳳凰をモチーフとした伝統的な柄の鮮やかな赤色と、桜と紅葉を描いた若草色の2種類の打ち掛けを販売している。華やかな雰囲気だが、柄は全体に、しかも均一に施され、通常の打ち掛けよりも小ぶりだ。

 これまで友人の結婚式などでは金や赤、黒を基調とし、鶴や松竹梅などが左前身頃にドーンと大きく描かれた打ち掛けを見慣れてきたので「全体的に地味では?」と思ったりもする。率直な印象を伝えると、担当者は昨今の結婚式事情を交えて花嫁衣装のはやりについて教えてくれた。

「大きなホテルの金屏風の前で……という大掛かりな式は減ってきています。小・中規模でアットホーム、参列者との距離が近い式が増えており、庭園などで写真撮影をするのにマッチした衣装の人気が高いのです。角隠しではなく生花や造花を髪に飾りたい方も増えていますので、主張しすぎない打ち掛けが好まれます」(担当者)

 レストランでのウエディングが増えたから、ドレスが主流かと思いきや、和装のニーズは依然として高いらしい。ゼクシィ・ブライダル総研の「結婚トレンド調査2015首都圏」によると、2015年に色打ち掛けを着た花嫁は、6年前の調査と比べて3.7ポイント増となる16.5%。特に30代の女性に好まれており、30〜34歳の着用率は21.3%で、24歳以下の13.8%を大きく上回っている。

 西日本を中心に“和モダン”な雰囲気の結婚式場が増えている。親や祖父母が「着物姿も見たい」と希望するケースも多いのだろう。とはいえ、花嫁には「似合わないものは着たくない」との思いがあるようだ。

「赤紫地に大きな扇が描かれた振り袖は、紀香さんだからこそ着こなすことができた。個性的な衣装は着る人を選びます。ですので、現代女性に合った伝統的な和模様を追求しました」(同)

 華やかでも派手過ぎない衣装が最近の花嫁の好みなのである。

 柄を全体に散らした打ち掛けは、“小顔効果”も期待できるらしい。通常、着物の柄は顔周りが小さかったり、少なかったりして、足元に行くにつれて大きくなる。しかし、顔周りにも模様が描かれていることで、見る人の視線は視線に上がる。「胸元に視線を集め、顔に注目させ過ぎないことで小顔に見えます」(同)とのこと。ウエディングケーキ入刀、入場などの注目シーンは上半身かアップで撮影される機会が多いからこその、うれしい気遣いだ。

 多くの女性にとって花嫁衣装を着る日は、人生たった一度の晴れ姿。360度万全の構えでどうぞ。

(ライター・若林朋子)