今年も、1月14日から2日間「大学入試センター試験」が実施される。ここから3月まで、大学受験生にとっては試練の日々が続く。高校受験も今月末から本格的な学力検査が始まり、進学を控えた学生さんたちは、正念場となる季節を迎える。受験や試験を前に、日本人の多くは神頼みをする。そこで今回は「学問の神さま」を紹介したい。

●天神さまこと「菅原道真公」

「学問の神」として最も有名なのは、天神さまとして知られる菅原道真公だろう。平安時代の貴族で異例の出世を遂げながらも、藤原時平の讒言(ざんげん)によって九州・大宰府に左遷された人である。人でありながら初めて神さまになった人物で、神としての正式名は“天満大自在天神”という。そして、無念のうちに大宰府で死去したのち、自分を陥れた藤原時平やその周りの人々を不幸にし、都に天変地異を起こした怨霊としても知られている。

 この道真が学問の神・天神さまとしてなぜ日本人に愛されているかといえば、ひとえに怨霊のパワーが絶大だったためだと思われる。これほどまでに力を持つ神ならば、御利益の力も大きいに違いないと考えられたのだ。さらに道真は、幼少時より秀でた才能をみせていた人物だったことに加え、菅家は学校の元になるようなものを作った家柄でもある。その御利益が学問の神に集中していったこともうなずける。

 天神さまとして有名な神社は、道真が左遷され、死去した場所でもある「太宰府天満宮」と、道真の怨霊を鎮めるために、もともと道真が住んでいた京の都に作られた「北野天満宮」の2つで、2大天神さまと呼ばれている。日本全国には15000社ほどの天神さまが鎮座するが、「◯◯天満宮」「◯◯天神社」のほか「北野神社」「菅原神社」とも称される。東京の受験生なら一度は参ったことがあるであろう湯島天満宮や亀戸天神社は、初詣に訪れる参拝者数で常に上位に位置していることからも、その人気の高さをうかがい知ることができる。

●宇治の神さまは勉学の神

 道真が登場する以前の賢人たちも、神社に祀られ学問の神として崇められている。いずれも天神に比べれば今も残る社は少ないが、その分希少価値があるともいえる。

 まずは、京都の宇治神社と宇治上神社に祀られている「菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)」。応神天皇(八幡宮の神さま)の皇子で仁徳天皇の兄弟である。日本で初めて中国からの典籍を学び、日本に学問の道を開いた人物とされていることから、受験のみならず、資格取得・就職・修学などの際にも参拝する人が多い。日本全国で祀られているところは少ないが、関東では平塚に「前鳥(さきとり)神社」という菟道稚郎子を主祭神に祀るお社がある(境内社には菅原道真を祀る「奨学神社」も)。

●地獄で政務を司った清貧の神さま

 あの世とこの世を行き来して、地獄の閻魔さまの補佐をしたとして知られる小野篁(おののたかむら)も、学問の神さまとして知られている。篁は道真よりも前に、実直さゆえに天皇の逆鱗に触れ流刑にあった人物であるが、政務能力・文才・書と並外れた才能を持っていたと伝わっている。京都の六道珍皇寺は、篁が地獄へ通ったと言われる井戸と、ほぼ等身大の篁像を見ることができる。

 東京には、篁を主祭神に祀る「小野照崎神社」がある(相殿は菅原道真)。今に伝わる篁の性格からすれば、誠実で実直な人の願いごとなら叶えてくれるのかもしれない。

●八百万の神に知恵を授けた神

 神話の世界にも学問の神さまがいる。天照大神(伊勢神宮の神)が天岩戸に隠れた時、八百万の神々に岩戸の外へ連れ出す知恵を授けたのが八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)だ。あまりに古い神さまなので、全国でも有数の古社にしかいない。神話にしたがって「戸隠神社(中社)」にはもちろん、宮崎の高千穂にある「天安河原」(「天岩戸神社」境内)にも鎮座し、関東では古社中の古社、「秩父神社」の主祭神として祀られている。

●智恵授けの仏さまは

 さて、最後に知恵を司る仏さまを紹介しておこう。関東ではあまり知られていないが、関西では七五三よりも重要視されている(七五三自体が徳川家康ゆかりのものだから当然かもしれないが)、「十三詣り」という行事がある。かぞえ13歳を迎えた子どもたちが、旧暦の3月13日前後に「虚空蔵菩薩」参りをするものだが、“智恵もらい”と言われ、中学受験と重なる現在では少し早めの参詣も増えているのだとか。

 また、“三人寄れば文殊の知恵”ということわざからも分かるように「文殊菩薩」は“知恵授けの菩薩”と呼ばれている。前述の「虚空蔵菩薩」が記憶力をつける仏であるのに対し、「文殊菩薩」は判断力を授けるとも言われている。受験や学問の種類によってどちらの菩薩に祈願するのか選択するのもよいかもしれない。東京では浅草寺の影向堂にどちらの仏さまも鎮座している。

 最近では、学問の神さまは子どもの受験対策だけでなく、大人の「ボケ防止」祈願にも頼りにされているという。また、菅原道真、小野篁などは無実の罪で迫害にあったことから、「冤罪(えんざい)を晴らす」「怨敵調伏」といった御利益もあるのだとか。学問の神さまは、親・子・爺婆、3代にわたって参拝するのに向いている場所なのかもしれない。(文・写真:『東京のパワースポットを歩く』・鈴子)