北朝鮮が5回目の核実験を強行し、「核弾頭」を完成させたことを誇示した。韓国軍当局によると、北朝鮮はさらに新たな核実験を準備しているという。米韓では“金正恩暗殺作戦”も視野に動き出したが、問題は日本が北朝鮮の核の脅威下に入り、逃れられないという現実だ。ジャーナリストの黒井文太郎氏がレポートする。

*  *  *
 北朝鮮核実験の報道で、「また北朝鮮が危ないという、いつもの話か……」と感じる向きもあるかもしれない。しかし、今回はこれまでとは危険のレベルが違う。今後、朝鮮半島で戦争や内乱などが起きた場合、日本にいつ核ミサイルが飛んでくるかわからない時代に入ったのである。

 特に韓国では今回の核実験は深刻に受け止められた。韓国軍では、北朝鮮が核ミサイルを発射する兆候があった場合、金正恩が潜んでいると思われる平壌の一画を「地図から消滅させる」規模のミサイル爆撃を加える「大量反撃報復」を検討している。

 また、すでに韓国軍では、核ミサイル発射兆候時に金正恩と軍幹部を襲撃する特命特殊作戦部隊を、特殊部隊「特殊戦司令部」の精鋭を選抜して編成。

「これは、米韓連合軍が昨年6月に策定した『作戦計画5015』の中に、有事に平壌を急襲して北朝鮮の政治・軍事の指揮系統を破壊・遮断する『斬首戦略』が含まれており、その作戦の中に金正恩襲撃があることに対応した措置です」(韓国紙記者)

 米軍は9月13日、グアムから発進させたB−1B長距離爆撃機2機を韓国上空に送ったが、これはいざというときに核ミサイル基地や平壌を大規模空爆することを想定した出動訓練だった。B−1Bは核兵器は搭載していないが、計50トン以上という大量の爆弾を搭載できる。北朝鮮が先に核ミサイルを発射すれば、アメリカは核兵器で報復することになるが、発射の兆候をとらえただけではさすがに先制核攻撃はできない。その場合、B−1Bによる大規模空爆もオプションのひとつになる。

 このように、北朝鮮の核ミサイルが現実の脅威になってきたことに対応し、米韓軍は先制攻撃も含めた軍事作戦の練り直しを進めている。その目玉のひとつは、「大量反撃報復」や「斬首戦略」に含まれる「金正恩暗殺」だ。

 しかし、それでも核ミサイルの脅威は排除できない。金正恩を暗殺すれば、金正恩による核ミサイル発射命令は阻止できるが、北朝鮮各地に隠された核ミサイルは無傷で残る。その場合、金正恩暗殺に対する報復として、ミサイル部隊の指揮官が核ミサイルを発射する可能性がきわめて高い。しかも現時点で北朝鮮のミサイルはアメリカ本土には届かない。となれば、報復の核ミサイルは在韓、在日米軍に向けられるだろう。

 北朝鮮の初核実験から10年、すでに5回の実験を成功させていることを考えると、核弾頭が完成している可能性はかなり高い。

 日本は北朝鮮が核ミサイルを実戦配備しているとの前提で、防衛システムを再検討しなければならなくなったのである。

 では、現時点で北朝鮮は、どれほどの核ミサイルを日本本土に撃つことができるのか?

 日本を射程に収める弾道ミサイルは「スカッドER」(西日本のみ)、「ノドン」「ムスダン」「テポドン2改」「KN−11」。

 うちテポドン2改は発射場組み立て式で、有事には容易に破壊されるため、軍事用のミサイルとしてはほとんど価値がない。

 KN−11は潜水艦発射型弾道ミサイル(SLBM)だが、まだ試験段階で、とくに潜水艦の運用までは時間がかかる。

「つまり、現時点で日本が警戒すべきは他のミサイルです。ノドンは推定で200発、自走発射機が30〜50両、ムスダンはミサイル数も発射機ももっと少なく、おそらく10発以下でしょう。スカッドERの数は不明です」(防衛省関係者)

 他方、核爆弾については、米研究機関「ISIS」(科学国際安全保障研究所)によると、北朝鮮が現在保有している核爆弾は、プルトニウム型が推定で12〜20発という。

「他に濃縮ウラン型の核爆弾が完成している可能性もありますが、おそらく、あるとしてもまだ数発程度でしょう。現時点で北朝鮮が日本を核攻撃しようとするなら、二十数発をノドンなどで一斉に撃ち込むことは可能です。ただ、平時にいきなり日本を核攻撃するということは考えられない。朝鮮半島で有事となった場合になりますが、そのときはもう米韓軍と交戦しているはずなので、二十数発の核ミサイルがすべて生き残っている可能性は少ない。現実的には数発の核ミサイルが日本に飛んでくることになる」(同前)

 この数発は、北朝鮮が核弾頭を今後増産していけば、もちろん増えていく。

 では、核ミサイルで攻撃された場合、自衛隊は日本を守れるのか?

 実際のところ、核ミサイルの発射の兆候を察知し、事前に破壊するなどということは、自衛隊はおろか米軍でもほぼ不可能だ。

 北朝鮮は弾道ミサイルを各地の地下施設に隠しており、有事にはそれを迅速に移動して発射する。それを上空からリアルタイムで見つけることはまずできない。

 したがって、巡航ミサイルなどのいわゆる「敵基地攻撃能力」を自衛隊が持っても、核ミサイルの発射は阻止できない。そうなると、できるのは飛来するミサイルを撃ち落とす「ミサイル防衛」だけだ。

 しかし、そのミサイル防衛も、一斉に多くのミサイルを撃ち込まれた場合(軍事用語で「飽和攻撃」という)には、対処が追いつかない。たとえばイージス艦1隻が対応できるのは、現実にはおそらく1発のミサイルだけだ。

「撃ち込まれる核ミサイルが数発だけでも、同時に通常弾頭のミサイルも撃たれれば、それを見分けることはできない。同時に多数のミサイルに対処しなければならず、必ず撃ち漏らしが出ます。そのミサイルに核弾頭が搭載されていれば、悲劇的な大惨事は免れないでしょう」(前出の関係者)

 つまり、北朝鮮が核ミサイルを持ったということは、日本の完全な安全保障は崩れたということを意味する。

 また、金正恩政権の統制が崩壊し、無政府状態に陥っても、もはや死を覚悟したミサイル部隊指揮官が、自暴自棄になって核ミサイルを発射する可能性もある。こうした破滅覚悟の非合理的な核ミサイル発射に対しては、どんな抑止力も効果はない。

 韓国では核武装論も一部に出てきているが、たとえ韓国が核武装しても、自暴自棄な核ミサイル発射は止められない。もちろん日本が核武装しても同じだ。

 こうなった以上、むしろ金正恩政権が安定していたほうが、危険度は少ない。しかし、北朝鮮は極端な個人独裁国家であり、内部崩壊の可能性が常にある。

 金正恩は幹部の粛清で徹底した恐怖支配を実行しているが、それは命がけの反乱を誘引しかねない諸刃の剣でもある。クーデター、あるいは幹部による金正恩暗殺が起こるかもしれない。

 そうなれば一切のコントロールのない状態に、危険な核ミサイルが残されることになる。日本はもう北朝鮮の核の恐怖から逃れることができないということを自覚すべきだろう。

※週刊朝日 2016年9月30日号