国連総会開催中のニューヨークを連続爆発事件が襲った。マンハッタンで。隣のニュージャージー州で。逮捕されたのは、いわゆる「不法移民」ではなかった。

 3人が死亡、200人以上が負傷した2013年4月のボストンマラソン・テロを思い出した人も多かったのではないか。

 9月17日午前9時半過ぎ(現地時間)、ニューヨーク・マンハッタンの中心部から約70キロメートル南にあるニュージャージー州シーサイド・パークで、ごみ箱にあったパイプ爆弾が爆発。予定されていたチャリティーマラソンが中止された。

 死傷者はいなかったが、爆発はこれで終わらなかった。

●逮捕されたのは米国人

 同日午後8時半ごろ、今度はレストランやギャラリーが立ち並ぶマンハッタンのチェルシー地区で、ごみ箱に投げ込まれていた圧力鍋爆弾が炸裂(さくれつ)、通行人31人が負傷した。さらに、爆発現場でいまだ混乱が続く2時間半後、わずか4ブロック先で、住民が再び圧力鍋爆弾を発見。警察当局が回収した。

 米メディアの報道は、犯人捜し一色になる。保守的で、大統領選挙でもドナルド・トランプ共和党候補を支持している市民らが、ソーシャルメディアでこう言い始めた。

「これはイスラム教徒の仕業だ。オバマ大統領が、移民や難民を歓迎する政策を支持するから、米国本土で欧州のようなテロが起きるんだ」

 19日午前11時過ぎ、そうした発言の「一部」が真実となった。アフガニスタン生まれで米国籍のアフマド・カーン・ラハミ容疑者(28)が、警察との銃撃戦の末、逮捕されたからだ。米メディアによると、マンハッタンの現場から指紋が検出されたことや、現場近くの防犯カメラの映像から同容疑者を割り出し、連邦捜査局(FBI)が指名手配。ニュージャージー州のバーの入り口で寝ているのを見つけた住民が通報したという。

●水際より内側が危ない

 トランプ氏はその直後、テレビ番組で、声高に言った。

「事態は、どんどん悪化するばかりだ。彼らが入国するのをやめさせるんだ」

 ラハミ容疑者を、トランプ氏が強制送還すると公約している「不法移民」とみなしているような発言だ。しかし、ラハミ容疑者は幼いころ家族とともに移住しており、今回の事件は「米市民の過激化」とみられる。数年前から、アフガニスタンやパキスタンに渡航しており、友人の一人は、ラハミ容疑者が長いチュニックとサンダルなど伝統的な服装をまとい始め、「以前の彼とはかけ離れて、考えられないほど宗教に入れ込んだ」とメディアに語っている。

 ラハミ容疑者は、ニュージャージー州できょうだいと経営していたフライドチキン店が、騒音などを理由に近隣住民から訴えられると、「住民による人種差別」と応酬し、逆訴訟を起こした。父親のモハメド氏はメディアに対し、ラハミ容疑者がきょうだいを刃物で襲ったため、2年前、FBIに通報したと語った。FBIには、過激派と関係する人物と会っている懸念も伝えたという。

 しかし、FBIは、取り調べの末、「シロ」とみなし、この2年間は追跡していなかった。

 欧州で続いたテロと異なり、「イスラム国」(IS)など海外のテロ組織から犯行声明は出なかった。パイプ爆弾も圧力鍋爆弾も、殺傷能力は限定的で、仕掛けられた場所も、世界貿易センタービルや国連本部周辺に比べれば、人通りは少ない場所だった。

 こうした「ホームグロウン(国内育ち)」のテロリスト予備軍を防ぐことは、極めて難しい。ISなどがオンラインで発信する情報に勝手に共感しているだけで、テロ組織からは正式に「ミリタント(兵士)」とはみなされていないからだ。

 トランプ氏は「強制送還」「メキシコとの国境に壁」といった公約で、市民の移民に対する恐怖を煽(あお)っているが、「水際」で抑えるより「内側」からのテロをどう防ぐかが問われている。(ジャーナリスト・津山恵子=ニューヨーク)

※AERA 2016年10月3日号