母親の病気が遺伝するのを避けるため、第三者のミトコンドリアを使う技術で赤ちゃんが生まれた。健康な子を望む夫婦には朗報だが、問題はないのか。

 9月27日、英科学誌ニューサイエンティストは、米ニューヨークにあるニューホープ不妊センターのジョン・ザンらのチームが、3人分のDNAを含む受精卵から新生児を誕生させることに成功したと伝えた。同誌はその方法を「3人親法」と表現したが、これまでも「ミトコンドリア置換治療」「ミトコンドリア提供」「卵子核移植」などの名で呼ばれ、かつ多くの問題を指摘され続けてきた技術だ。

●目的は遺伝性疾患対策

 依頼したヨルダン人夫婦は4回の流産後、2人の子どもをもうけたが、1人を6歳で、もう1人を8カ月で亡くしている。どちらも「リー症候群」という深刻な神経疾患を抱えていた。母親のミトコンドリアにあるDNAの変異が原因とわかり、夫婦はザンらに助けを求めた。

 ミトコンドリアは細胞の核の外側に存在する器官で、細胞にエネルギーをもたらす役割などがある。細胞核と別に、ミトコンドリアDNAにも遺伝子があり、それらは卵子を通じて母親から子にそのまま遺伝する。そこで、母親のミトコンドリア病が子どもに遺伝するのを回避するために、ドナー(提供者)女性のミトコンドリアを使う方法が考え出された。なお、父親のミトコンドリアは遺伝しない。

 2015年2月、英国は世界で初めて「ミトコンドリア提供」を認める法律改定を決めた。認められたのは、母親の卵子とドナーの卵子それぞれを父親の精子で受精させ、できた両方の受精卵から核を取り除き、核のないドナーの受精卵に母親の核を移植する方法だ。

 ただしこの方法では、核を取り除くために受精卵を壊す必要があるため、イスラム教徒であるヨルダン人夫婦は拒否。そのためザンらが試みたのは、卵子を母親、ドナー女性から入手してそれぞれから核を取り除き、核がなくなったドナーの卵子に母親の核を移植し、できた卵子に父親の精子を体外受精させる、という方法である=図参照。

 どちらも結果としてできる受精卵には、母親と父親に由来する核DNAと、ドナーに由来するミトコンドリアDNAがある。

 米国でこの方法は、今のところ認められていない。そのためザンらは「何のルールもない」というメキシコで実施。全部で5個の受精卵がこの方法でつくられ、1個だけが正常な胚へと成長し、母親に移植された。そして今年4月6日、男の子が生まれた。

 ザンらはこのケースを10月に予定されている米国生殖医学会で報告するとしており、現時点ではわからないことが多い。

 たとえば、卵子のドナーについてはまったく伝えられていない。正常に成長しなかった四つの胚が廃棄されたのか、凍結保存されているかなども不明だ。

 多くのメディアは「3人分のDNA」などと「3人」を強調している。しかし、ミトコンドリアDNAで確認されている遺伝子はわずか37個で、細胞全体の約2万個と比べたらごく少数。「2.001人の親」と呼ぶ専門家もいる。

 また「世界初」にも焦点が当てられるが、不妊治療として、ドナーのミトコンドリアを含む細胞質を母親の卵子に注入する「細胞質移植」という方法が1990年代から数十例行われたこともある(現在は禁止)。

「3人親法」の問題は別にある。

 今年6月、米研究チームが、「3人親法」で母親のミトコンドリアを取り除いても、母親の核とともに持ち込まれたわずかな量の変異ミトコンドリアが増えてしまう可能性を示唆する実験結果を、専門誌セル・ステムセルで発表した。

●子は同意できない

 また3人親法は生まれた子が女性ならば、本誌9月12日号で伝えた「受精卵ゲノム編集」と同じく、次世代に伝わる遺伝子改変である。今回は生まれた子が男児で、ドナーから受け継いだミトコンドリアが彼の子どもに遺伝することはないが、1個だけ正常に成長した胚が女性だった場合、夫婦やザンがどうするつもりだったかはわからない。

 日本ではどうなっているのか。3人親法は遺伝子治療の指針で禁止される見通しだが、強制力はない。患者が国境を越えて規制の緩い国に行くこともできる。

 そして、さらに原理的な問題が横たわる。いずれの場合も、生まれてくる子どもはインフォームド・コンセント(情報を得たうえでの同意)をすることができないということだ。

 国際的な議論によって、一日も早くコンセンサスを形成する必要がある。(文中敬称略)

(サイエンスライター・粥川準二)

※AERA 2016年10月10日号