青森県内は13日、上空に強い寒気が流れ込んだ影響で、厳しい冷え込みとなった。各地の最低気温は同日午後6時現在、十和田が氷点下13・0度のほか、むつ同11・2度、三沢同8・6度、八戸同5・9度など、県内7地点で今季最低を記録。日中も気温は上がらず、最高気温は県内全観測地点で0度を下回り、3日連続の真冬日となった。 八戸市を流れる馬淵川では、連日の冷え込みで結氷が進み、水面が厚さ1センチほどの氷に覆われていた。人通りの少ない川岸で耳を澄ませると、みしみしと氷がきしむ音が聞こえた。【写真説明】厳しい冷え込みで結氷した馬淵川=13日午後2時ごろ、八戸市売市