Dream Ami が自身ソロ名義3枚目となるニューシングル『Lovefool ?好きだって言って-』のMVを解禁した。楽曲は、幼いころから歌手に憧れていたAmiが小学2年生の頃、約20年前に日本でも大ヒットしたThe Cardigansの名曲『Lovefool』のカバー。

気になるMVの内容は、「家にある色々なモノが”fool(故障)”になっている不思議な世界で、恋に悩み無気力で無表情なAmi」と「ガールズバンドと笑顔で明るく演奏し、恋にポジティヴでキュートなAmi」の2人のAmiが、だんだんとポジティヴなAmiに応援され、無気力なAmiが曲が進むにつれて笑顔を取り戻していくというストーリー。

本作の監督は前作「トライ・エヴリシング」も手掛けた田辺秀伸氏。MVについて、「シュールだけどファッショナブルなオトナカワイイ世界観を目指しました。セットはLovefoolなAmiさんを演出する様な意味でも、奇抜でPOPな配色で、あり得ない感覚の持ち主の部屋をイメージしました。今までのAmiさんに無い、無表情だけどキュートに映るAmiさんを見てもらいたいです。瞬きも我慢していただいているのでそこも注目してもらいたいです。」と見どころをコメント。

また、Ami自身はMVについて、「いつもは笑顔で歌うことが多いのですが、今回は真顔で、本当に恋に溺れて何もする気も起きないようなシーンを表現しています。ここまで真顔で歌うのも初めてなのかなと思うので、そこには注目してほしいなと思います。」とコメントし、楽曲についても、「こういったバンドサウンドで歌うことも今まではなかなか機会がありませんでしたが、これを機に、イベントやライブもそうですし、自分のソロの楽曲にもバンドサウンドを取り入れていけたらなと思います。これからがすごく楽しみです。」と自身の新たな一面についてもコメント。

E-girls / Dreamとはまた異なる、独自のアーティスティックなDream Amiの追求が、この楽曲のリメイクで次の扉を華やかにひらく。