10月19日に22ndシングル『上手く言えない/愛のため今日まで進化してきた人間 愛のためすべて退化してきた人間/忘れてあげる』を発売することが決定した、ハロー!プロジェクトのアイドル・アンジュルム。

その発売を祝して、9月18日にアンジュルムメンバーが4チームに分かれ、日本各地全9カ所のCDショップに飛び、そこで一日店長を務める企画「アンジュルム一日店長 2016秋」をスタート。その締めくくりとして、池袋のニコニコ本社に全員集合。「アンジュルム一日店長 2016秋 大報告会」を開催することになった。

散りぢりになっての活動だったため、この日は会場に到着してきた順での登壇となった。まず登場したのは東京、埼玉、宮城とチーム最多の3カ所を巡ってきた、竹内朱莉、上國料萌衣の2人。登場するや竹内はMCを務める上々軍団・鈴木啓太にむかい「(今日ここに来て)お暇だったということで?」と、先制の一撃を加える。その後も鈴木がたじろぐような言葉を連発させる竹内。その狂犬ぶりの隣で上國料はひたすら微笑む。

二人が着席すると、ドタバタと裏手から聞こえてきた。間髪入れずに登場したのは愛知&大阪組の和田彩花、相川茉穂、笠原桃奈。しかし到着早々、疲れからか鈴木の問いにボンヤリした顔で「あっ、はい」のみで返したかと思えば、ひたすら進行を無視しじゃれ合う自由ぶりを見せていく和田と相川。最年少の笠原だけがシッカリと受け応えるという、いささか不安なトリオぶりに竹内も思わず「この組、ヤバイ…」と漏らす。

半分のメンバーが揃ったところで、ここからは報告会として、メンバーが移動中に撮った写真を見ながらトークしていく。ずんだシェイクを飲む竹内と上國料の画を見てツッコミ合うメンバーたち。和気あいあいとした空気が漂う中、次の写真に変わった瞬間その空気が破られることに。そこに映ったのは、奇妙な猫らしき生き物とほうれい線までクッキリと書かれた人物画、そして「相川茉穂」の署名。どうやらこれは相川が予約完了の時に押した、自作のスタンプだという。しかし独特かつ妙なタッチで描かれたキャラクターにメンバーは唖然、コメント欄も「闇を感じる…」の嵐に。当の相川は「力作です!」と豪語。これに飽き足らず、急遽この場で鈴木の似顔絵も描くことに。「ホントに似てますよ!」と連呼する相川は、コーナーが進む中で黙々と描き続ける。そして完成した作品は、目つきの悪〜い人相書きの様相。「似てる!」と絶賛の声を上げるメンバーに対し、鈴木本人はイマイチ納得がいかなかった模様。

その後も、メンバーですら見たことがないほどのニッコニコな笠原の写真、レアな竹内のピンク衣装姿とお宝写真が続く。そんな中、三組目の北海道&神奈川チーム勝田里奈と室田瑞希が到着!さらには、最後となる福岡&広島チームの中西香菜、佐々木莉佳子も到着。開始から32分、ようやくアンジュルムメンバー全員があいまみえることに。さすが全員揃うと賑やかさも倍に。写真が上がる度に互いにツッコミ合う竹内と勝田、マイペースに進める中西と室田、独特なテンションを維持し続ける和田、相川、佐々木に、ニコニコと先輩たちの賑やかぶりを見つめる上國料、笠原と、さながら楽屋中継をしているかのようなワチャワチャぶり。時にカメラを無視したかのようなやりとりも見せ、本当にイベントなのか!?と思うぐらいにそれぞれの素が全開になっていく。

賑やかな空気の中、また再び不穏な空気が流れることに。中西、佐々木チームは広島でのイベントの際、時間がない中で地方の美味しい物に目がない相川のために、名物のはっさく大福を買おうとしていたという話になる。期間限定商品のために買えず、代わりにはっさくゼリーを買ってきました!と語る佐々木。心温まるエピソードに場内はホッコリ……とするかと思いきや、空気を裂くように相川から「はっさくゼリー、家にストックがあるから」との強烈な一言が!これにはさっきまで笑顔だった佐々木は、テンションが急降下。中西がなんとかフォローを入れようとするも、佐々木は涙をうっすら浮かべふくれっ面。しまいには「自腹で買ってきたんだぞ!」と叫ぶ事態に。相川もさすが気持ちを察したか、その優しさが嬉しいと伝えると佐々木も不満気ながら納得。しかし、室田が「待って!ウチのは?」と、同期なのに自分が無視されていると主張しだす始末。みかねた竹内が「もういいから!」と一喝、この一騒動をうまくとりまとめた。ラストは相川の「一緒に食べようね」の言葉に佐々木が頷き、何とかこの場は丸く収まった。

放送最後には新曲についてのトーク。今年7月に加入したばかりの笠原は、レコーディング前に竹内の歌入れを見て、あまりの上手さに心が折れそうになったと語る。この一言に照れたのか、先ほどまで饒舌だった竹内はモゴモゴと口ごもりながら嬉しさを噛みしめる。畳みかけるように上國料からも「竹内さん、すごくカッコいいんです!」と褒めの一言が飛ぶと、照れ隠しのあまり上國料の頭をポンポンと叩く。その手を「んん!」と振り払う上國料の仕草に場内は「かわいい〜!」の嵐が巻き起こる。するとなぜか佐々木がジタバタしだす。ここで隣にいた勝田から「ずっと『いいなぁ!』て言ってる」と、竹内と上國料の仲の良さにやきもちを焼いていたと暴露される一幕も。

プレミアム会員限定放送に移ってからも引き続き、写真を見ながらのトークが続く。個性極まりない竹内のジーンズにツッコミを入れまくるメンバー、顔ハメパネルという文化に「つまらない」と強烈な毒を吐く勝田、なぜかマイク二刀流で喋り出す中西とわがまま気ままに喋り倒し、この日の感想もカットするほど、時間いっぱいまで彼女たちの賑やかトークは続いた。実にアンジュルムらしい、各々の個性が爆発しまくった濃厚な1時間だった。