「AKBINGO!」(日テレ)9月20日放送で「渡辺麻友vs柏木由紀 最強のアイドルはどっちだ徹底討論」が放送された。お互い大親友で、ここまでAKB48を引っ張ってきた人気メンバー。果たして勝敗はつくのか?

はじめは「アイドルとしてのプロ意識」から対決。加藤玲奈から「アニメの声優オーディションのときに、本番直前まで練習をしていた」というエピソードが出ると、渡辺は「課題の台詞を全部丸暗記して本番は台本を見ずに前を向いて挑んだ」というプロ意識の高さを見せると、柏木擁護派の中西智代梨は「ファンの方への気遣いが素晴らしい、ソロコンサートをやったときにお得意のバラードで警備員さんが歩いているのが気になっちゃうんじゃないかということで、警備員さんにこの時だけは歩かないようにとお願いをした」というエピソードを紹介。

倉野尾成美は渡辺と舞台挨拶で朝早くに一緒になったときに「すっぴんがすごくかわいくて見とれてました」といえば、なぜか柏木派は「ゆきりんさんのすっぴんは白米みたい」とコメント。渡辺派の西野未姫は「ゆきりんさんのすっぴんはたまげた感じで、うちの麻友さんは純白な感じで変わらないの」としこの前まで舞台を一緒にしていた西野は「ゆきりんさんはメイクが長いとか、すっぴんがスゴイとか聞いてたんですけど、アイドルだしすっぴんがヤバイ人なんていないだろうと思っていたけど、朝来たらバケモノみたいな」と悪口。流石に柏木も「おい!、あの人やだ」と慌ててツッコミスタジオは大爆笑に。ただ、柏木は「アイドルにすっぴん関係ないもん」と開き直るとMCのウーマンラッシュアワー村本より「すっぴんはブサイクって認めている」とツッコミが。柏木派の小嶋菜月からは「玄米みたいなすっぴんなのにリハーサルからウインクをする」とプロ意識の高さを微妙な援護で受ける。

そんな柏木、後輩への思いやりは満点で、一緒にロケに行った向井地美音にまでお土産を渡したエピソードや、込山榛香が腹黒と言われ悩み相談したときに、「こみは私と似ているから大丈夫だよ」と優しく言ってくれたと話す。

またリアクション対決となり、ビリビリ椅子に実際に座ることに。初挑戦だという渡辺は「漏らすぞこら」と10分間もビリビリ椅子に座らず大暴れ。初めてのビリビリを達成しスタジオの全メンバーが駆け寄ると「ケツがエグれた」と感想。

次週、応援メンバーも含め様々な競技でどちらが最強のアイドルか決まる。

写真(C)AKS