モーニング娘。’16が、秋のコンサートツアー「モーニング娘。’16コンサートツアー秋〜MY VISION〜」をハーモニーホール座間 大ホール(神奈川)からスタートさせた。

初日公演にて11人の新体制後初となるシングル『セクシーキャットの演説/そうじゃない/ムキダシで向き合って』(※曲順未定)のリリースが発表された。


ツアーごとに“最高”をアップデートしていくモーニング娘。’16。秋ツアーの初日公演では、8月にリリースした最新曲『泡沫サタデーナイト!』『The Vision』『Tokyoという片隅』はもちろん、各メンバーのソロパフォーマンスにスポットを当てたコーナーもあるなど、見どころ満載。オープニングから会場を埋め尽くした1200人を熱狂させた。

本編終了後、ステージ上の大型モニターに突如、ニューシングル発売と、つんく作詞作曲の新曲タイトル『そうじゃない』の文字が。サプライズ発表に大歓声が上がった。

驚きの声で揺れる会場で、新曲衣装に身を包み、再びステージへと姿を現した11人。客席に向かってウインクを弾けさせながら、少し背伸びした表情を浮かべる牧野真莉愛を中心とした新曲『そうじゃない』は、モーニング娘。の歴史に刻まれる新たな作品として、サイリウムを振って歓喜するファンにしっかりと受け止められていた。

牧野真莉愛は、「わっくわくどっきどきのコンサート、まりあとっても嬉しかったです! 本当にありがとうございました!」コメント。

リーダーである譜久村聖は、「今日、みなさんに会えるのが楽しみ過ぎて、いざ本番を迎えたらこんなに汗をかいてしまいました。ほんとに恥ずかしい……。でもね、そのくらい楽しかったですし、19周年を迎えて初のパフォーマンスが今日、みなさんの前だったので、みんな、とても力が入ったコンサートになったと思います。20年目はこのメンバーで頑張っていきたいと思いますので、応援よろしくお願いします!」と話し、尾形春水は「私は高校1年生の時にモーニング娘。に加入して、最初は右も左もわからない状態で。歌がどうとかダンスがどうとか表情とか、正直ちんぷんかんぷんで何をしたらいいかわからない状態だったんですけど、2年間、単独ツアーをさせていただいたり、先輩の姿をたくさん見てきたり、先輩の卒業なども経験して。言葉の意味とか自分のやりたいこととか、いい意味で“欲”も出てきたと思うので、今回のツアーでもたくさん成長できるように、意味のあるものにしたいと思っています。」と意気込みを語った。

11月23日にリリースされる、モーニング娘。’16の通算62枚目となるシングル『セクシーキャットの演説/そうじゃない/ムキダシで向き合って』(※曲順未定)は、去る5月31日に鈴木香音がグループを卒業し、11人の新体制へと移行して初となるトリプルA面シングル。なお、モーニング娘。’16は、10月16日には台湾・台北にて単独公演を開催。さらに「モーニング娘。’16コンサートツアー秋〜MY VISION〜」は、12月まで北は北海道から南は鹿児島まで各地を回る。