「センター」、今やこの言葉を見聞きする場合、アイドルグループの話題が非常に多い。アイドルファンでなくても、「今度のAKB48のセンターは○○らしいよ」という日常会話も出てくるほどに浸透した印象を受ける。メディアでも、アイドルグループ、特にAKB48グループのシングルが発売されるたびに話題となるセンター、馴染み深い言葉となってはいるが、一体センターとは何なのか?


まず、このセンターという言葉を多く聞くのが、女性アイドルグループだ。バンドではセンターは存在しないし(特例はあるかもしれないが)、男性アイドルグループでもほとんど聞くことがない。中には、超特急のように「センターを務めるダンサー」が毎回変わるグループもあるが珍しい存在だ。

女性アイドルグループでも、ももいろクローバーZではリーダーで真ん中の位置が殆どの百田夏菜子もセンターという呼び名はない。はっきりとした定義はなく、女性アイドルグループだからセンターというポジションが必ずある、ということでもない。

この「センター」という言葉を有名にしたのは、前田敦子と大島優子だろう。前田敦子が初期の数作品を除いて、卒業までの間にAKB48の殆どの曲でセンターを務め、その前田敦子の「固定センター」に異議を唱えたファンたちが総選挙で前田以外のメンバーをセンターへ配置することを目標に投票、結果として大島優子というライバルを作り上げた。この、ドラマチックな物語が、後に続くAKB48グループでの「センター争い」へとつながっていく。

最近でも、HKT48での松岡はなの大抜擢や、欅坂46での平手友梨奈の覚醒、SKE48でも松井珠理奈の存在感がより光り、AKB48が46枚目シングルでセンターを島崎遥香が久しぶりに務めることで一部スポーツ新聞にて「憶測」が飛び交い、NMB48ではセンターの座をかけて不動のセンターである山本彩が参加しないコンサートを実現させるなど、センターが話題の中心となっている。それだけ、特にAKB48グループではセンターはそのシングルの「顔」となる重要なポジションであり、シングル販売期間の前後はそのグループの顔として様々なメディアで大きく取り上げられる。アイドル人生がガラリと変わってしまうほどの注目を浴びることになる。

NMB48では現在、特にセンターが取り沙汰されることが多い。人気メンバーである渡辺美優紀の卒業を迎え、一気に様々なNMB48メンバーから「センター宣言」が飛び出す事態に。これは、「NMB48 コンサート2016 Summer〜いつまで山本彩に頼るのか?〜」そして「NMB48 リクエストアワー セットリスト ベスト235 2016」にてメンバーの意識改革が起きたもので、特に「いつまで山本彩に頼るのか?」では、山本彩が不在のコンサートで満員に出来たら「山本彩以外から次回作のセンターを決める」と、いままでにないセンター争いの形が実現。結果としては、惜しい形で満員とならず、その結果を受けたメンバーからセンター取り発言が続出することとなった。いま、もっとも日本でセンター争いが激しいグループと言っても過言ではない状況となっている。

そのNMB48 2期生の三田麻央が非常に重要な意見を自身のブログで発表している。

三田は8月27日のブログで上記のコンサートを受け、【「センターになりたい!」って次々に言ってて本当に今のNMB48の空気ってライバルでありつつ一緒に最高のものを作りあっていきたいと思える信頼できる仲間っていう感覚もあったり…今の向上心の塊のNMB48はこれからもっと上に行けると思うしもっと楽しい場所になるだろうなぁと勝手に実感してました】とメンバーの意識改革を喜びながらも、【私はセンターがすべてじゃないと思うし、自分は自分の役割を見つけてそれを全うしたいと思っていて】と冷静な分析もしている。つまり、三田は自分がセンターへの想いを「夢」だとしながらも、それだけにとらわれない活動を目指していると宣言。実際、彼女は声優になることが夢で、着実にNMB48メンバーとして活動しながら努力を続けている。

我々からしてみたら、アイドルたちはみんなセンターを目指しがむしゃらに頑張っていると思ってしまうことがある。しかし、現実は何もセンターだけがアイドルの目指すべき目標ではない。この三田の意見はセンターについて今一度、深く考えさせられる提言となる。

現実には、総選挙でランクインできているのか?メディアに取り上げられているか?と考えれば、残酷な言い方をすれば、ほんの一握りの人気メンバーにしかセンターのチャンスはない(そのためにじゃんけん大会が存在するのだが)。だからこそ、センターを目指すメンバーは人気に敏感となり、自己鍛錬を続けているし、注目を集める努力をし限られたチャンス・タイミングを逃さないようにしている。

では、果たしてセンターは重要なのか?

様々なアイドルグループへ取材を進める中で感じるのは、やはりセンターはもっとも重要なポジションだと考える。しかし、三田麻央が書いたように、誰もが目指すべき場所ではない。選ばれたメンバーのみがたどり着ける頂点だ。

「センター」とは何かを考えると、もっとも重要なポイントは、センターを目指す、目指さない以上に、センターというシステムをしっかりと理解して、活動できているかどうか、ではないかと思う。センターになって重圧からうまく自分を出せないメンバーもいるように、適正をしっかりと自分で見極め、そのセンターを中心としてグループが構成されていく中で、自分はセンターよりも何が秀でているのか?どう売り込めば良いのか?を考えるための指標にしなければいけない。そういった意味では、センターは、グループが常に進化してくために無くてはならない存在となる。

これからのアイドルには、センターをしっかりと意識することが重要となってくる。その中で自分を見つけ、輝ける場所をセルフプロデュースしていけなくては、生き残ることは出来ないからだ。

写真(C)AKS