島崎遥香が公式のTwitterにてつぶやいた言葉に、AKB48ファンが感動をしている。

事の発端は、島崎が26日につぶやいた「自分が苦しい時に助けてもらえなかったこと。自分が苦しい時に助けてもらったこと。両者とも覚えているもので、だから私は後者を選ぶ。」との意味深ツイート。

このツイートは、AKB48篠崎彩奈ファンと思われるTwitterアカウントから発信された、第8回AKB48選抜総選挙の舞台裏と思われる場所で、号泣する篠崎を島崎がそっと手を添えて慰める画像とコメントに対してRTされたもの。

様々な憶測報道が出されている島崎だけに、ファンの反応も強く「ぱるるは実は熱い人って以前メンバーが言っていたのを思い出しました。ぱるるの言葉は短いが的確で胸に刺さる」「人の痛みがわかる人って素敵だと思う」といった感動のコメントが多く寄せられている。

篠崎自信も島崎の発言をRTし「この時のぱるるさんの優しさは絶対忘れないです。すごく落ち着いたし救われたなぁ。。」とアクションしたため、双方のファンより二人の関係性を羨む声、絆が再確認できたという声、そして島崎遥香の静かな「神対応」を称える声が広がりを見せている。

かつては「AKBの第2章を作りたい」「グループを牽引していきたい」と意気込みを語っていた島崎遥香。その公約も静かに、そして着実に結果が出始めているようだ。

写真(C)AKS