絶大な人気を誇るロックアーティスト「Acid Black Cherry」(アシッド・ブラック・チェリー)がのコンセプトアルバムが原作の映画「L−エル−」。

原作は、愛を探し求め続けた一人の女性“エル”の孤独で壮絶な人生を綴った物語とAcid Black Cherry(アシッド・ブラック・チェリー)の音楽が絡み合う、壮大なコンセプトアルバム『L−エル−』。昨年リリースされた本アルバムは、【CDショップ大賞2016】の入賞作品に選出され、総計20万枚以上の驚異的なセールスを記録するなど大きな反響を呼び、アルバムのみならず、昨秋には物語部分が書籍化され5刷されるなど、ミュージックシーンにあって異例の展開をみせてきた。そんな『L−エル−』の哀しくも美しい世界観を、最新映像技術を駆使して完全映画化。

主人公エル役の広瀬アリスをはじめ、古川雄輝、高橋メアリージュン、平岡祐太、古畑星夏ら若手実力派のキャストと共に、前川泰之、田中要次、高橋ひとみら豪華俳優陣が揃った本作に、既に決定していたパン屋の代役として、成田凌の出演が決定。エルが送る波乱の人生に影響を与える男性の一人で、実直なパン屋役を演じる。

そして、今秋公開とされていた公開日が決定し11月25日より全国でのロードショーとなった。

<製作サイドからのコメント>
映画『L−エル−』の公開が11月25日に決定いたしました。
予期せぬトラブルなどもあり、当初の発表から一部キャストを変更し、再撮影の上、公開する運びとなりました。Acid Black Cherryさんが世に出した壮大なコンセプトアルバム『L−エル−』を映画にしたいという想いからスタートしたこのプロジェクト。その志は今も変わらず、我々映画製作スタッフ、そしてキャストが一丸となって、完成に向けて邁進しております。公開まで今しばらくお待ちください。