初の台湾ワンマンライブを開催する事が決定した中島美嘉が、9月27日台湾で開かれた記者会見にて本公演の詳細を発表した。今年12月24日・25日のクリスマスに台北市のTICC(台北國際會議中心)にて初の台湾ワンマンライブ「MIKA NAKASHIMA 15TH ANNIVERSARY BEST LIVE IN TAIPEI」を開催し、2日間で約6000人を動員する。

記者会見当日は、台風16号が台湾を直撃し、強い雨風が吹き荒れ、街の看板が飛ばされる危険な状況にも関わらず、会場にはカメラ約30台、記者40人のマスコミ関係者が来場。たくさんのフラッシュがたかれる中、黒のパンツワンピース姿で登場した中島は「こんにちは、中島美嘉です」と中国語で挨拶。続いて12月24日、25日2days(2日間で6000人を動員)のライブ開催日程が発表となり、「クリスマスは恋人や家族と過ごす大切な時間だと思います。そんな大切な時間を私に頂ける事を心から感謝しています」とコメントした。

会見では司会者に教えられた中国語で「台風に気を付けて下さい!」とメッセージを伝え、最後は「台風の中お越しくださいまして本当にありがとうございました。ライブに向けて私も楽しみにしていますので、皆さんも楽しみに期待して頂けたら嬉しいです。今日は本当にありがとうございました」と締めくくった。