指原莉乃が、フットボールアワー後藤輝基、チュートリアル徳井義実と共に、テーマに沿ったゲストを迎えるトークバラエティ「今夜くらべてみました」(日本テレビ)。9月27日深夜の放送では、スペシャルゲストに成海璃子が登場。今回のテーマは「嫌いなものが多い女」。水野美紀、MEGUMI、佐藤仁美。とにかく色々なものにキレているという今回の女性陣。


特に佐藤仁美はとにかくキレる狂犬ぶりをVTRで紹介される。しかも、この日は文春に負けないスクープもあるということで、指原も「文春に負けないってのはヤバイですよ。今日は私が一番わかります、文春はヤバイ」と話し笑いを誘った。ただ、最終的には成海璃子と今回の出演者が共演しているドラマ「黒い十人の女」の一場面を写したスクープ写真だった。

水野、嫌な仕事はスチール仕事が嫌いなんだとか。佐藤は「雪が降っている時期に春先の設定で崖の上で殺される」という仕事が嫌だったという。さらに水野は、せっかちで「チンタラ歩いてる人が嫌い」と話す。佐藤は群れる女が嫌いということで、中高生時代も総スカンを受けていたという。また、可愛らしく仕事も順調だった時の「天狗だった自分が嫌い」だったとか。勘違いしてたという当時、飲み屋でもみんなおごってくれて馬鹿だなと思っていたという。ただ、仕事がなくなり「干された」かもしれないと、自分に厳しくなったという。

この日は三人共、共感するエピソードが多かったようで、次々に「嫌な女」の例が出てきて笑いを誘う。さらに、指原も実は共感できる部分が多かったと話し、「私、頑張ってるでしょ女」について、「なんでインスタにキックボクシングの写真載せんの?」と実際のエピソードを話す。また嫌いな男の話となると成海は「気分がいいときだけ話してくる男」、指原は「LINEの自己紹介の一言が頻繁に変わる男」を説明。

MEGUMIはグラビアアイドル時代に区分けをされたと話し、ハワイなどで撮影しているグラドルがいる一方で、自分は建物の中が多かったという。指原も「畳系」が多いと話すと「廃墟とか旅館とかで撮影する」と二人は意気投合。そんな二人、さらに意気投合したのが番組MC後藤への苦情。とにかく二人とも後藤の挨拶が嫌いと話し、指原は「挨拶」「いっつもVネック」「得する人損する人でいい人ぶっているのが嫌だ」と話す。